芸能

ASKAの入院仲間「作家・石丸元章」が薬物事件をメッタ切り!(2)ドラッグの前では誰もが平等

20161222j2nd

──

 入院仲間の逮捕はASKAで終わらなかった。12月9日には、酒井法子の元夫で、同じく“入院仲間”だった高相祐一容疑者(48)が危険ドラッグの所持に続き、使用の疑いで再逮捕されたのだ。

──

 高相さんは、ある意味“異色”でした。というのも、入院患者にとって、社会復帰は大きな関心事。以前いた会社に戻れるだろうか、就職できるだろうか、という切実な悩みを抱いているわけです。そういう環境でも、高相さんは「一生遊んで暮らしたい」と漏らして、周囲の反感を買っていましたから。ただ、遊びといっても酒もあまり飲まないし、何をしたらいいのかわからなくなっていたのかもしれません。1年くらい前には電話で「今はサーフィンを頑張っている」と話していたんですけどね。「覚醒剤じゃないから」と軽く考えていたかもしれませんが、これまでの努力をフイにしてしまったのは残念です。

──

 6月に覚醒剤所持で逮捕された元俳優の高知東生(51)は、浮気相手の存在まで明るみに出て、人生のパートナーだった女優の高島礼子(52)を離婚という形で失った。

──

 仕事や家、そして家族と、失ったものが大きければ大きいほど、ドラッグを断ち切る心も強くなると信じたいですね。

 そういう点では、ASKAさんにはまだ家もあるし、支えてくれる家族がいたから、ああいう結果になってしまったのかもしれません。

 芸能人は、人気という実体がつかめないものを相手に商売をしている。だからいつも不安でしかたないんです。人気が落ちて、仕事は減ったけど、金も時間も腐るほどある。そんな時に、ドラッグがもたらす高揚感が、心の隙間にピタッとハマるわけです。売る側にしても、金払いがいい芸能人は上客。一般人と比べたら、多少は手に入りやすくなることも、ドラッグに走る芸能人があとを絶たない要因ではないでしょうか。

──

 こう話す石丸氏は、96年にみずからのドラッグ体験をもとに執筆したノンフィクション「スピード」(文春文庫)を上梓し、ベストセラー作家に。覚醒剤事件で容疑者となったのは、その前年のことだった。

──

 過去の歴史を振り返れば、ドラッグは本や音楽などの作品を生み出すための“道具”という見方もできるわけです。しかし、私の中にはジャンキーとしてのルールがあって、まずは、自分がいる国の法を逸脱してはいけない、ということ。

──

 話題は10月25日に大麻取締法違反(所持)で逮捕された高樹沙耶容疑者(53)に及ぶ。高樹容疑者は5月の参議院選挙出馬の際、「医療用大麻の解禁」を訴えていた。

──

 世界的な流れかもしれませんが、現行の日本のルールは守るべき。ただ、もしかしたら30年後には日本で大麻が解禁され、その頃には高樹さんは大麻解禁に人生をかけた“カリスマばあちゃん”になっているかもしれない(笑)。石垣島の家が“聖地”になっていたりしてね。

 大麻がドラッグかどうかという議論はさておき、薬物依存症という“病気”の前では皆が平等なんです。金持ちの芸能人だって貧乏なジャンキーだってやめるまでには同じ苦しみを味わう。脳にダメージを負い、最高に悲惨な喜劇を一緒に見ている。そんな感覚に近いのかもしれません。

 この記事の締め切り直前、週刊誌で「コカイン使用疑惑」が報じられた俳優の成宮寛貴(34)が芸能界引退を発表した。芸能界から、そして日本社会から違法薬物が根絶される日はいまだ遠い‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
4
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)