芸能

ASKAの入院仲間「作家・石丸元章」が薬物事件をメッタ切り!(2)ドラッグの前では誰もが平等

20161222j2nd

──

 入院仲間の逮捕はASKAで終わらなかった。12月9日には、酒井法子の元夫で、同じく“入院仲間”だった高相祐一容疑者(48)が危険ドラッグの所持に続き、使用の疑いで再逮捕されたのだ。

──

 高相さんは、ある意味“異色”でした。というのも、入院患者にとって、社会復帰は大きな関心事。以前いた会社に戻れるだろうか、就職できるだろうか、という切実な悩みを抱いているわけです。そういう環境でも、高相さんは「一生遊んで暮らしたい」と漏らして、周囲の反感を買っていましたから。ただ、遊びといっても酒もあまり飲まないし、何をしたらいいのかわからなくなっていたのかもしれません。1年くらい前には電話で「今はサーフィンを頑張っている」と話していたんですけどね。「覚醒剤じゃないから」と軽く考えていたかもしれませんが、これまでの努力をフイにしてしまったのは残念です。

──

 6月に覚醒剤所持で逮捕された元俳優の高知東生(51)は、浮気相手の存在まで明るみに出て、人生のパートナーだった女優の高島礼子(52)を離婚という形で失った。

──

 仕事や家、そして家族と、失ったものが大きければ大きいほど、ドラッグを断ち切る心も強くなると信じたいですね。

 そういう点では、ASKAさんにはまだ家もあるし、支えてくれる家族がいたから、ああいう結果になってしまったのかもしれません。

 芸能人は、人気という実体がつかめないものを相手に商売をしている。だからいつも不安でしかたないんです。人気が落ちて、仕事は減ったけど、金も時間も腐るほどある。そんな時に、ドラッグがもたらす高揚感が、心の隙間にピタッとハマるわけです。売る側にしても、金払いがいい芸能人は上客。一般人と比べたら、多少は手に入りやすくなることも、ドラッグに走る芸能人があとを絶たない要因ではないでしょうか。

──

 こう話す石丸氏は、96年にみずからのドラッグ体験をもとに執筆したノンフィクション「スピード」(文春文庫)を上梓し、ベストセラー作家に。覚醒剤事件で容疑者となったのは、その前年のことだった。

──

 過去の歴史を振り返れば、ドラッグは本や音楽などの作品を生み出すための“道具”という見方もできるわけです。しかし、私の中にはジャンキーとしてのルールがあって、まずは、自分がいる国の法を逸脱してはいけない、ということ。

──

 話題は10月25日に大麻取締法違反(所持)で逮捕された高樹沙耶容疑者(53)に及ぶ。高樹容疑者は5月の参議院選挙出馬の際、「医療用大麻の解禁」を訴えていた。

──

 世界的な流れかもしれませんが、現行の日本のルールは守るべき。ただ、もしかしたら30年後には日本で大麻が解禁され、その頃には高樹さんは大麻解禁に人生をかけた“カリスマばあちゃん”になっているかもしれない(笑)。石垣島の家が“聖地”になっていたりしてね。

 大麻がドラッグかどうかという議論はさておき、薬物依存症という“病気”の前では皆が平等なんです。金持ちの芸能人だって貧乏なジャンキーだってやめるまでには同じ苦しみを味わう。脳にダメージを負い、最高に悲惨な喜劇を一緒に見ている。そんな感覚に近いのかもしれません。

 この記事の締め切り直前、週刊誌で「コカイン使用疑惑」が報じられた俳優の成宮寛貴(34)が芸能界引退を発表した。芸能界から、そして日本社会から違法薬物が根絶される日はいまだ遠い‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
まさかの模倣犯?埼玉の男児殺害事件に日本テレビが震撼か
2
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
3
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
朝日奈央が“最も芸人に狙われるタレント”に進化した6つの理由!