芸能

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.3(2)右翼の襲撃予告!ビートルズ来日狂奏曲

2016_60th_h

 66年6月29日午前3時39分、ビートルズが来日した。日航から贈られたそろいのハッピを着て、羽田空港からタラップを降りてくる4人のメンバー。しかし、警備が厳重なため、彼らのハッピ姿を見られたのは、関係者と250人の報道陣だけだった。2000人近いファンは空港ロビーに設けられた関門で追い返されたという。

 空港での混乱に備え、沿道警備に警官3万人を動員、ヘリコプター3機を用意して、横田基地に緊急着陸の手はずまで整えていた。各国の要人来日でも、こんな大規模な警備は見たことはない。

 表向きは、数万ともいわれた、駆けつける熱狂的なファンの混乱を防止するためだったが、別の理由をアサヒ芸能1966年7月3日号はキャッチした。それは右翼、大日本愛国党が当日、一貫した政治闘争の一つとして「ビートルズを叩き出す」作戦を決行するというのだ。

 行動右翼として知られる大日本愛国党の赤尾敏総裁が語調激しく、ぶつ。

〈「歌って踊ってのバカ騒ぎ、青少年の非行が問題にされているときなのに、それを助長するばかりじゃないか。ビートルズというのは、日本の国家的利益に反するやつらなんだ。放っておくわけにはいかんじゃないか。」〉

 ほかに行動を起こそうとしているという別の右翼団体の17歳女性(当時)はこういう。

〈「ビートルズって、顔見たってまずいツラしてるわよ。あんなのどこがいいのか、サッパリわからない。今の日本って狂ってるわよ。情熱をブツけるものがないから、あんなものにワイワイ、キャアキャア騒ぐのね。国力が弱体化するばかりよ」〉

 ビートルズが右翼の襲撃計画を知っていたら、はたして日本に来ただろうか?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子、「割れ目クッキリ美ヒップ」奇跡の突き出しポーズで視聴者を魅了!
2
田中理恵が“極小サイズ”足ショット公開!バストと絡めた「疑問の声」も
3
ひろゆきも「5つ星」認定!トリンドル玲奈の「美胸写真集」に称賛の声
4
トリンドル玲奈、大胆バスト披露は改心の証?「やる気ない」評価からの激変理由
5
すみれ、出産の準備は万端!「ヘアー」も「バスト」も“完璧な仕上がり”に