芸能

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.3(2)右翼の襲撃予告!ビートルズ来日狂奏曲

2016_60th_h

 66年6月29日午前3時39分、ビートルズが来日した。日航から贈られたそろいのハッピを着て、羽田空港からタラップを降りてくる4人のメンバー。しかし、警備が厳重なため、彼らのハッピ姿を見られたのは、関係者と250人の報道陣だけだった。2000人近いファンは空港ロビーに設けられた関門で追い返されたという。

 空港での混乱に備え、沿道警備に警官3万人を動員、ヘリコプター3機を用意して、横田基地に緊急着陸の手はずまで整えていた。各国の要人来日でも、こんな大規模な警備は見たことはない。

 表向きは、数万ともいわれた、駆けつける熱狂的なファンの混乱を防止するためだったが、別の理由をアサヒ芸能1966年7月3日号はキャッチした。それは右翼、大日本愛国党が当日、一貫した政治闘争の一つとして「ビートルズを叩き出す」作戦を決行するというのだ。

 行動右翼として知られる大日本愛国党の赤尾敏総裁が語調激しく、ぶつ。

〈「歌って踊ってのバカ騒ぎ、青少年の非行が問題にされているときなのに、それを助長するばかりじゃないか。ビートルズというのは、日本の国家的利益に反するやつらなんだ。放っておくわけにはいかんじゃないか。」〉

 ほかに行動を起こそうとしているという別の右翼団体の17歳女性(当時)はこういう。

〈「ビートルズって、顔見たってまずいツラしてるわよ。あんなのどこがいいのか、サッパリわからない。今の日本って狂ってるわよ。情熱をブツけるものがないから、あんなものにワイワイ、キャアキャア騒ぐのね。国力が弱体化するばかりよ」〉

 ビートルズが右翼の襲撃計画を知っていたら、はたして日本に来ただろうか?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
4
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”