芸能

紅白の目玉は「逃げ恥」の恋ダンス?他局のふんどしで視聴率稼ぎのNHKに失笑

20161227aragaki

「新しい紅白」の名の下に、ヒット曲のない和田アキ子、小林幸子、細川たかしなど大御所が出場しないなど、今年の「NHK紅白歌合戦」は大荒れとなった。

 その一方で、年内で解散するSMAPのサプライズ出演を最後まで狙ったものの正式に辞退が決定。このままでは、目玉のないまま大晦日の当日を迎えてしまいかねない。そんな焦りから、NHKは思わぬ手を打ってきたという。

「21日に発表された審査員の顔ぶれを見て驚きました。『こち亀』の漫画家・秋本治、オリンピック4連覇を成し遂げた伊調馨、二刀流でプロ野球界を盛り上げた大谷翔平、大河ドラマ『真田丸』で活躍した草刈正雄、朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロイン高畑充希たちの名前と並んで、“ガッキー”こと新垣結衣の名前があったからです。どういった理由で呼ばれたのかと、最初は首をかしげました」(テレビ誌記者)

 新垣は来年3月のドラマ「絆~走れ奇跡の子馬~」が控えているとはいえ、紅白審査員は“番宣枠”ではない。しかし、新垣を審査員に起用するには、ある思惑があるという。

「今年後半の大ヒットドラマといえば、TBSの『逃げるは恥だが役に立つ』。そのヒロインが新垣でその相手役を務めたのが紅白に出場する星野源というわけです。最終回で平均視聴率20.8%を記録した『逃げ恥』ファンは、今からエンディングで話題となった“恋ダンス”が見られるのではないか、という期待の声が上がっています」(前出・テレビ誌記者)

 紅白には、過去にも審査員がステージに飛び入りで参加するケースもあったというが、NHKを代表する看板番組で他局のヒットドラマの名場面を見て盛り上がるというのも、いかがなものか。

「例年なら『大河ドラマ』や『朝ドラ』に関連する企画を用意するところですが、今年は目玉になる企画が立てられず、白羽の矢が立ったのが『逃げ恥』ではないかと言われています。大御所たちを切ってイメージが悪いうえに、SMAPというサプライズも用意できず、苦肉の策なのでしょうが、“他局のふんどし”で視聴率稼ぎとは、それで視聴者の支持が得られんでしょうか」(前出・テレビ誌記者)

 2020年のオリンピックに向けて、「新しい紅白」を掲げたNHKだが、他局のヒットを横取りするのが“新しい”箇所だとでも言うのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
3
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
4
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
5
「ポスト水卜麻美」で岩田絵里奈を脅かす!日テレ・杉原凜「癒しDバスト」貴重映像