女子アナ

人生初の屈辱!竹内由恵アナが芸人に「顔面格付け第7位」にされてガチギレ

20170117takeuchi

 1月13日放送のバラエティ番組「金曜★ロンドンハーツ 2時間スペシャル」(テレビ朝日系)にて、人気企画「うぬぼれ注意 オンナの自分番付」が放送された。今回はお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザーが出演し、自身の女性観を明かした。

「番組では、カズレーザーがスタジオにいる女性芸能人10名を、付き合いたい順にランク付けしました。彼は女性に関して『外見が1番大事』と語り、1位に選んだのは道端アンジェリカでした。その一方、テレ朝の竹内由恵アナは、自身の順位を控えめに6位と予想していたにもかかわらず、結果はそれ以下の第7位となり表情を凍りつかせました」(テレビ誌記者)

 カズレーザーは竹内を7位に選んだ理由として、「バラエティに、しゃしゃり出てくるアナウンサーが好きじゃない」と語った。順位が発表された直後は「え~そうなんですね~」と落ち込むリアクションを見せたものの、コーナーの終盤になると彼女は、沸々とした怒りを見せたのだという。

「カズレーザーが『外見が重要』と熱弁していると、竹内が突然『どういうデートされるんですか?』『(私と)デートしてる姿を想像できないとおっしゃってるので、どういうことをされてるのかなって』と質問をぶつけました。それに対しカズレーザーが、音楽の聞けるバーに行くと答えると、さらに竹内は『で、飲む?』『特にどっかに行ったりとかしないんですか?』と淡々とした口調で、しつこく質問を続けたのです」(前出・テレビ誌記者)

 すると放送中、視聴者からは「竹内アナ、ガチでキレてるな。声のトーンが全然違う」「顔で選んだと言われてこの順位。人生初の屈辱なのだろう」「プライドの高さがにじみ出ている」との意見が殺到。

 竹内アナといえば、学生時代からミスコンでグランプリを獲り注目され、そのまま女子アナとしてテレビ局に入社するという順風満帆な人生を送ってきた。それだけに今回の7位という結果は納得がいかなかったのかもしれない。

(森嶋時生)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性