芸能

「さくらんぼ」は重荷だった!?大塚愛、人気凋落後の今さらな告白はファンに失礼

20170207otsuka

 かつては女子中高生やOLから圧倒的な支持を受けていたシンガーソングライターの大塚愛。しかし、出産を機に活動をセーブしたことで、復帰した頃にはすでにファンはきれいさっぱり離れていて、しだいに第一線から消えていった。

「13年10月に約3年ぶりにリリースしたシングル『Re:NAME』がオリコン8位で、かつてはベスト5入りが当たり前だった彼女も異変を感じたはず。しかも、同曲はたった3週でチャートから姿を消しました。14年5月リリースの『モアモア』に至っては34位止まり。過去に1位になった作品が5作もあったアルバムチャートでも、14年の『LOVE FANTASTIC』は22位、翌15年の『LOVE TRiCKY』は24位と、データ上でも完全に過去の人となっており、彼女もショックだったのではないでしょうか」(音楽ライター)

 そんな大塚が、2月15日にリリースする新曲「私」のプロモーションの一環としてメディアのインタビューに答えたのだが、過去のヒット曲について語った一言が世間の反感を買ってしまったようだ。

「大塚をスターダムにのし上げた大ヒット曲といえば、03年にリリースされた『さくらんぼ』です。しかし、そのイメージ一色に固定されたことで彼女は常に『音楽をやめたい』という思いがあったことを告白。“さくらんぼ的な大塚愛”を求められたことが苦しかったと明かしています。しかし、世間の反応は冷たいもの。『さくらんぼがあったから今もやってられるんじゃないの?』『人気が落ちてから言うことじゃない』『じゃあ、二度とあの曲を歌わなきゃいい』と、大塚の言い分を突き放していますね」(前出・音楽ライター)

 一時代を築いたヒット曲を今さら重荷のように言うのは、これまで応援してくれたファンにも失礼というものだろう。

(小机かをる)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
2
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
3
「シブがき隊転倒」「明菜に帰れコール」…歌番組の「放送事故」を全部バラす!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
下半身をボロン!有村昆が夢中になった「女優Tの正体」にネットが熱視線