スポーツ

日ハム・斎藤佑樹がキャンプで活躍も“サンシャイン投球”は春先で終了?

20170209saitou

 プロ7年目の日本ハム・斎藤佑樹投手が米国アリゾナ州での春季キャンプで2月7日(現地時間)、フリー打撃に初登板。全27球で安打性の打球を2本に抑える好投を見せた。しかも初球では打者のバットをへし折るなど、肉体改造の成果を見せつけた形だ。

 その斎藤は最近、俳優・斎藤工になぞらえたニックネームで呼ばれているという。これは年末放送の「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」(日本テレビ系)にて斎藤工が、お笑い芸人・サンシャイン池崎をベースにした“サンシャイン斎藤”に進化したというネタがきっかけ。そんな池崎や斎藤工にあやかって空前絶後の超絶孤高なピッチャーを目指しているようだが、お笑いに詳しいライターはこんな懸念を示す。

「池崎の持ち味は実に3分を費やす超回りくどい自己紹介。むしろ自己紹介が本編で、ネタはおまけにすぎないと言われるほどです。その配分は、春季キャンプではスポットライトが当たるものの、いざ公式戦が始まるとほとんど出番がなくなる斎藤にそっくり。チームメートが斎藤を池崎になぞらえるのも、そんな皮肉を込めているからではないでしょうか」

 とはいえ、昨年3月のR-1ぐらんぷり2016で決勝戦に進出したことで注目を集め、今ではバラエティ番組で引っ張りだこの池崎にあやかれるなら、今季の斎藤にも浮上の可能性がありそうなものだが。

「池崎は自己紹介だけで笑いを取れるのが強み。しかも最近は意外に達者なカードマジックを披露するなど、芸の幅を広げるのに必死です。それに対して斎藤の場合、いくら春に注目されたところで、公式戦に勝たないと存在価値がないのが現実。もともと球威のなさを多彩な球種でカバーするタイプですが、今回のフリー打撃でも柵越えを打たれるなど球の軽さは相変わらず。もっとすべてをさらけ出してほしいものですね」(前出・ライター)

 かつてのハンカチ王子もいまや、若い野球ファンには「誰?」と言われかねない有様。ここは“サンシャイン斎藤(佑樹)”だと開き直って「もう一度言います! 斎藤! 3110って覚えてください!」くらいのアピールを見せてもらいたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
4
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)