芸能

映画賞総ナメなのに…のんの“芸能界の片隅状態”が世間のストレスに!

20170215non

 観客だけでなく評論家たちの絶賛も相次ぎ、空前のヒット作「君の名は。」を抑えて、昨年からの映画賞を総なめにしているのが、戦時中の広島県呉市を舞台にしたアニメ「この世界の片隅に」。現在のところ、受賞している賞の数は17個にも及び、興行ランキングでも14週連続ベスト10入り。近々の大ヒット作でいえば「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(12週)、シン・ゴジラ(11週)を上回るロングランヒットとなっている。

 第71回毎日映画コンクールでも日本映画優秀賞、音楽賞などの3冠を達成。15日の表彰式には片渕須直監督と主演声優を務めた、“のん”らが登壇予定だ。

 ところが、こののんがファンをやきもきさせていると映画ライターは語る。

「今回の主演声優としての降って沸いたような大ヒットは、芸能界の圧力による干され女優からの劇的復帰だとファンの間では騒がれました。ところが表彰式には顔を出していますが、のんの今後がまったく聞こえてこない。テレビでも『片隅』への言及はあっても彼女について語る番組はほとんどない。そういった不自然さに彼女を応援している人たちがストレスに感じているというわけです」

 このことに対し、女性誌記者は芸名の変更が痛手だったと分析する。

「彼女に関しては、いまだに“能年玲奈”としてお茶の間に認識されています。『あまちゃん』時代にファンになった年配の人たちには、のんと改名したことすら知らない人がまだ多い。やはり、本名であるにもかかわらず馴染みある名前を使えなくなったことがここまで重くのしかかるのかと実感しますね。“元・能年玲奈”と表現することはメディアもストレスですし、テレビでは絶対に呼称できません」

 脚本家たちが彼女をイメージした作品を書いても、芸能界のしがらみでキャスティングできないことが多いという。

「彼女に本格復帰してほしいと願っているファンの多くが、『片隅』の大ヒットが復活のキッカケにならないまま収束してしまうことを危惧しています」(前出・映画ライター)

 かつて所属していた芸能事務所は、清水富美加の突然の“出家”で再注目されている。のんが映画賞を総なめにしながら芸能界の力学で“片隅”にジッとさせられている光景は、やはりどこか“異常”なのではないだろうか。

(水谷とおる)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ