芸能

映画賞総ナメなのに…のんの“芸能界の片隅状態”が世間のストレスに!

20170215non

 観客だけでなく評論家たちの絶賛も相次ぎ、空前のヒット作「君の名は。」を抑えて、昨年からの映画賞を総なめにしているのが、戦時中の広島県呉市を舞台にしたアニメ「この世界の片隅に」。現在のところ、受賞している賞の数は17個にも及び、興行ランキングでも14週連続ベスト10入り。近々の大ヒット作でいえば「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(12週)、シン・ゴジラ(11週)を上回るロングランヒットとなっている。

 第71回毎日映画コンクールでも日本映画優秀賞、音楽賞などの3冠を達成。15日の表彰式には片渕須直監督と主演声優を務めた、“のん”らが登壇予定だ。

 ところが、こののんがファンをやきもきさせていると映画ライターは語る。

「今回の主演声優としての降って沸いたような大ヒットは、芸能界の圧力による干され女優からの劇的復帰だとファンの間では騒がれました。ところが表彰式には顔を出していますが、のんの今後がまったく聞こえてこない。テレビでも『片隅』への言及はあっても彼女について語る番組はほとんどない。そういった不自然さに彼女を応援している人たちがストレスに感じているというわけです」

 このことに対し、女性誌記者は芸名の変更が痛手だったと分析する。

「彼女に関しては、いまだに“能年玲奈”としてお茶の間に認識されています。『あまちゃん』時代にファンになった年配の人たちには、のんと改名したことすら知らない人がまだ多い。やはり、本名であるにもかかわらず馴染みある名前を使えなくなったことがここまで重くのしかかるのかと実感しますね。“元・能年玲奈”と表現することはメディアもストレスですし、テレビでは絶対に呼称できません」

 脚本家たちが彼女をイメージした作品を書いても、芸能界のしがらみでキャスティングできないことが多いという。

「彼女に本格復帰してほしいと願っているファンの多くが、『片隅』の大ヒットが復活のキッカケにならないまま収束してしまうことを危惧しています」(前出・映画ライター)

 かつて所属していた芸能事務所は、清水富美加の突然の“出家”で再注目されている。のんが映画賞を総なめにしながら芸能界の力学で“片隅”にジッとさせられている光景は、やはりどこか“異常”なのではないだろうか。

(水谷とおる)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?
2
すごいボリューム!有村架純、まさかの「バストサイズアップ姿」公開に騒然
3
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
4
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
5
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!