芸能

「芸能界の都市伝説」これが真相だ!<女優のギョーテン篇「大竹しのぶはヤケドする役で本当に顔面が腫れた」>

20170302u

 地球上でただ1つの特別な生き物が「女優」である。そのプライドやプロ根性は、男たちが足元にも及ばないエピソードを積み上げた。

 タモリが「笑っていいとも!」(フジテレビ系)で大竹しのぶに聞いたことがある。

「ヤケドする演技をしていたら、本当にヤケドしたようになったの?」

 この伝説を大竹は否定したものの、真相はさらに天才ならではの神話!

「舞台で『顔がただれてる、ただれてる私の顔が。こんな顔じゃ‥‥』と言ったら、左半面がブワーッと赤く腫れ上がったんですよ」

 肌のコントロールも自在のようだ。

 これに負けないのが岩下志麻で、代表作の「鬼畜」78年、松竹)では、こんなエピソードを残す。

〈役に没頭するあまり、夫の愛人の子を演じた子役の首を窒息死させる寸前まで絞めた〉

 撮影が終了したあとも、その子役は岩下に近づかなかったそうである。

 続いて女優の酔態を2つ。まず意外にも宮崎あおいが酒豪らしく、芸能界で横綱級の松方弘樹にも酒勝負を挑んだ。

「ふだんは飲まないのに、いざ飲むと強くて、松方さんとも互いにお酌をして勝ったんですよ」

 かつて結婚していた頃に元夫・高岡奏輔がテレビで明かした事実である。

 逆にヘベレケにもほどがあるのが夏川結衣だ。

「自宅で夕方から延々と飲み続け、いつの間にか記憶をなくし、朝起きたら歯が欠けていてトイレに落ちていた

 夏川と親しい舞台関係者の証言であるが、美人女優らしからぬ衝撃の展開だ。

 さて、ベテラン女優の小川眞由美には、現場を恐怖に陥れる不文律がある。

〈視界に入るところに緑のものは置いてはいけない〉

 まさかと思うだろうが、実際にインタビュアーが緑の服だったため、一瞬で取材が立ち消えになったケースは少なくない。ロケの際は、若手スタッフが先回りして緑色のものを隠したり、移動したりという作業が不可欠なのだという。

 元祖トレンディ女優の鈴木保奈美は豪胆で「死んでも山本圭壱に家の敷居はまたがせない」という主張。どういうことか?

「夫の石橋貴明を通じて石橋宅におじゃましようとしたが、保奈美が断固として拒否。その理由は、山本がつきあっていた女性に、野球中継がいつでも見られるようにCS放送の加入を強要したというもの。山本が事件を起こす前でしたから、保奈美の判断は正しかった」(芸能レポーター)

 豪快さなら負けていない。天海祐希が宝塚時代、「スリを捕まえたことがある」という話も都市伝説化されているが、これを「しゃべくり007」(日本テレビ系)で細部まで語った。

「休みの日に京都に向かう電車に乗っていたら、目つきの怪しい男性が入って来たんです。車内は空いているのに酔って寝ていた老人の隣に座り、老人のポーチが落ちたら自分のポケットに入れた。私、駅員に『あの人、スリです』と言ったら『コラァア、このガキィ! 何ゆうてんねん!』とすごい剣幕」

 それでも天海はひるまず、むしろスイッチが入って「あんたが盗むの見たんだよ!」と叫んだそうだ。

 女優魂を感じさせるのが、テレビで失禁シーンを演じた志田未来と剛力彩芽だ。志田は前出の天海が教師役だった「女王の教室」(05年、日テレ系)の小学生役で、剛力は刑事役だった「クロコーチ」(13年、TBS系)にて、それぞれ大胆な“お漏らし”がオンエアされた。

 ケンカっぱやさに定評がある土屋アンナは、そのために番組を1本つぶしたとの評判。それは「NHKディレクターを殴って出入り禁止になった」というから何とも物騒だ。

「08年にドキュメンタリー番組のロケでディレクターと口論になり、アンナが殴ったら相手の目に入ってケガをするハメに。結局、番組は完成せず、しばらく出入り禁止の状態になりました」(放送記者)

 もともとテレビ出演は少ないアンナだが、今も「NHK」の3文字には復帰の気配はない。

 最後に「世にも奇妙な一致」話を2つ。

〈沢尻エリカは岡田有希子の生まれ変わりである〉

 沢尻の誕生日と、岡田が自殺した86年4月8日が同じという単なる偶然か。

〈優香がスカウトされたのは、藤原竜也と同じ日で、同じ池袋〉

 97年3月27日、ともにホリプロのスカウトマンによって見いだされた。人気者2人を引き当てたホリプロは、強運を発揮したことになる。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!
5
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!