スポーツ

小久保・侍ジャパン「空中分解」寸前の無気力ベンチ裏!(3)「固定観念を押しつけるな」

20170316h3rd

 思えば、今回のWBCは開幕前からドタバタの連続だった。大会の超目玉となっていた二刀流・大谷が右足首負傷で2月に入って出場をドタキャン。その情報を報道陣から聞かされると小久保監督は「自分はまったく耳にしていない」と発言。“悲劇の指揮官”を演じる感もあったが、嘲笑交じりにNPB関係者はこう話す。

「いざ蓋を開けてみたら、メジャーリーガーの参加は青木宣親(35)だけですよね。でも、小久保監督は就任直後、我々に『メジャーリーガーはできるだけ多く呼びます。任せてください』と豪語していた。特にイチロー(43)の招聘に関してはホットラインがあって仲がいいことを強調し、フロリダに飛んで直接交渉までしていました。順調にチーム作りをしていることをアピールしていたんです。ところが、今年に入って本人からあっさり断られてしまった。NPB内からも『本当は大して仲がよくなかったんじゃないのか』と疑念の目を向けられているほど。思えば小久保監督の巧みな力説によって、NPBの幹部も完全にダマされてしまっていたのでしょう」

 さて、いざ決戦を前にした侍ジャパンには小久保監督ばかりではなく、チーム内からブーイングを浴びせられているコーチもいた。

 78歳の権藤博投手コーチだ。かつて近鉄や中日などで多くの名投手たちを育成した実績を持つが、侍ジャパンのベンチワークでは空回りの連続で大ひんしゅくを買ってしまっている。

 先とは別のNPB関係者は、このように嘆いた。

「昨年11月の強化試合、メキシコ、オランダ戦の事前ミーティングで権藤さんが投手陣にこんなことを言ったらしいんです。『お前ら、もうとりあえずストレート中心で真っ向勝負していけ』と。要は、WBC公式球になかなか順応できない投手陣を見かねて苦肉の策を命じたというのですが‥‥。結局、この4試合は計29失点と歴史的な投壊となって多くの課題を残す形になってしまった。投手陣から『さすがにムチャクチャだ』と怒りの声が上がったのも無理はありません。それ以来、権藤さんには『現代野球を研究していない』『海外野球のことは何もわかっていない』『昔の感覚で自分の固定観念を押しつけている』などといった辛辣な言葉が向けられている始末です」

 チームの2トップが、ジワジワ起こる内部崩壊の震源地となっているありさまでは不安が募る。とはいえ実際にプレーするのは代表選手たち。開幕前の悪評を吹き飛ばすような今の勢いそのままに、世界一奪回を果たしてもらいたいものだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
2
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」
3
瀧本美織、30歳誕生日で期待される“隠れ充実バスト”開放の濃密ベッドシーン
4
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
5
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!