芸能

ノンスタイル井上の完璧な謝罪会見は高畑裕太が反面教師になっていた?

20170309_asagei_inoue

 昨年12月11日に起こした当て逃げ事故により活動自粛を続けてきたお笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介が3月7日、謝罪会見を行った。事故後に公の場に出るのは初めてとあって135人もの報道陣が集まるなか、井上が見せた態度はほぼ完璧だったと芸能ライターは解説する。

「冒頭ではレポーターから『頭をあげてください』と促されるまで頭を下げ続け、会見中は涙を見せつつもちゃんと顔を上げ、ゆっくりと明確な言葉で受け答えしていました。どんな質問にも話をはぐらかすことなく、正面から答えていましたね。同乗していたスーパーマラドーナ・武智をはじめ、すべての関係者に謝罪と感謝の意を示したのもマル。芸能人の謝罪会見としてはほぼパーフェクトでしょう」

 今回の謝罪会見と6日付の不起訴処分により、井上が芸能界に復帰する障害はなくなったと言えそうだ。

 この会見が成功した陰には、あるダメ会見が反面教師の役割を果たしたのではとの声もある。昨年8月23日に婦女暴行の容疑で逮捕され、9月9日に不起訴処分で釈放された高畑裕太について芸能ライターが続ける。

「高畑は釈放時に『本当に申し訳ございませんでした』と叫ぶように謝罪。しかしその後の質疑応答はすべて弁護士が代わりに行い、本人はダンマリでした。しかもその場を去るときにはニラミつけるような視線で報道陣を一瞥し、ブーイングを浴びたものです。これらの態度で高畑は完全に世間を敵に回してしまい、復帰を望む声も一向に持ち上がらない始末。この姿が格好の反面教師になったわけですね」

 高畑の場合は本人側が無罪を主張しており、当て逃げ事故を認めている井上とは異なる部分もある。とはいえ芸能人の場合、世間が求めるのは真実よりも本人による真摯な謝罪というのが現実だ。そのワースト例を見せてくれたという意味で、高畑は芸能界に貢献したと言えるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
野呂佳代 石橋貴明も大激賞した「小籠包事件」(2)有吉の罵声で体を張るように
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)