芸能

ノンスタイル井上の完璧な謝罪会見は高畑裕太が反面教師になっていた?

20170309_asagei_inoue

 昨年12月11日に起こした当て逃げ事故により活動自粛を続けてきたお笑いコンビ「NON STYLE」の井上裕介が3月7日、謝罪会見を行った。事故後に公の場に出るのは初めてとあって135人もの報道陣が集まるなか、井上が見せた態度はほぼ完璧だったと芸能ライターは解説する。

「冒頭ではレポーターから『頭をあげてください』と促されるまで頭を下げ続け、会見中は涙を見せつつもちゃんと顔を上げ、ゆっくりと明確な言葉で受け答えしていました。どんな質問にも話をはぐらかすことなく、正面から答えていましたね。同乗していたスーパーマラドーナ・武智をはじめ、すべての関係者に謝罪と感謝の意を示したのもマル。芸能人の謝罪会見としてはほぼパーフェクトでしょう」

 今回の謝罪会見と6日付の不起訴処分により、井上が芸能界に復帰する障害はなくなったと言えそうだ。

 この会見が成功した陰には、あるダメ会見が反面教師の役割を果たしたのではとの声もある。昨年8月23日に婦女暴行の容疑で逮捕され、9月9日に不起訴処分で釈放された高畑裕太について芸能ライターが続ける。

「高畑は釈放時に『本当に申し訳ございませんでした』と叫ぶように謝罪。しかしその後の質疑応答はすべて弁護士が代わりに行い、本人はダンマリでした。しかもその場を去るときにはニラミつけるような視線で報道陣を一瞥し、ブーイングを浴びたものです。これらの態度で高畑は完全に世間を敵に回してしまい、復帰を望む声も一向に持ち上がらない始末。この姿が格好の反面教師になったわけですね」

 高畑の場合は本人側が無罪を主張しており、当て逃げ事故を認めている井上とは異なる部分もある。とはいえ芸能人の場合、世間が求めるのは真実よりも本人による真摯な謝罪というのが現実だ。そのワースト例を見せてくれたという意味で、高畑は芸能界に貢献したと言えるのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは