芸能

TV美女「豊かなバスト四季報2017」(5)深田恭子の胸がドラマでバイーン

 激動の時代を象徴するかのように、美女たちの胸が大きく変動している現在。カップサイズの変動は愛好家ならずとも目が離せない重大案件だ。

 そこで2016年春から今に至るまで、インスタグラムなどのSNSにアップされた写真と記者会見での姿を「アサ芸シークレット」が徹底チェック。注目のバスト銘柄の上がり、下がりを追った(カップ数は推定)。

・本田翼(F←C)

映画「土竜の唄 香港狂騒曲」の公開直前イベントでFカップ乳を見せつけ、豊かなバストの持ち主認定。

すみれ(D←C)

突如、日本での芸能活動を休止。インスタグラムでは胸の成長がわかるショットを連発。

・深田恭子(F←E)

ドラマ「下剋上受験」(TBS系)の公式インスタで胸がバイーンと飛び出すランドセル姿を公開した。

・橋本環奈(D←B)

激太りが伝えられるが、それに合わせて胸も成長。ついにDカップに達した様子。

・のん(D←B)

少しずつ芸能界復帰を果たしている彼女。同時に胸も少しだが膨らんでいるとの報告が。

・眞鍋かをり(D⇒C)

昨年6月のイベントに出席した眞鍋は激やせし、胸も右肩下がり。問題は結婚生活!?

・中山美穂(E←C)

高岡早紀がドラマで共演した中山とのツーショットを公開。バストが互角になっていた!

・矢口真里(E←C)

今年初頭のイベントでニップルの色を「濃いベージュ」と告白。胸に関する話題には事欠かない。

・常盤貴子(E←E)

結婚から約8年、完熟の時を迎え、バストはさらなる成長を見せていると評判になっている。

・真木よう子(F⇒F)

バストの大きさは変わらないものの、容姿は急激に劣化していると噂されている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか