芸能

グラビア女神「今一番スゴいカラダ」ベスト100(1)爆裂バスト編1位~7位…天木じゅんの超絶ボディが進化

 創造神がこの世にもたらした最大の芸術品は「女体のフォルム」で間違いなかろう。目を奪われる豊かなバストに悩ましげな腰つき、そしてスラリと伸びた脚‥‥。今、グラビア界で最強のパーツを選定する!(本ランキングはそれぞれのパーツ別に【1】サイズ【2】迫力【3】人気【4】実績【5】話題性などをもとに、「アサ芸シークレット」が独自に算出したものです)

 何はなくとも、Gカップ以上のとんでもない膨らみがあれば、ゴハンの3杯は軽くいけます。そんな爆裂バスト好きのための一大博覧会!

1位・天木じゅん(148センチ B95・W57・H83)

もはや2次元なのか、リアルな3次元なのか見分けがつかないほど、ますます進化していく超絶ボディ。ついには実姉・黒田絢子までグラビアデビューするという波及効果を呼んだ。

2位・柳瀬早紀(153センチ B100・W65・H89)

やなパイや、嗚呼やなパイや、やなパイや。肩幅よりもチチ幅がデカい「乳神様」は、このところめっきり美貌にも磨きをかけてきた。

3位・青山ひかる(154センチ B95・W59・H90)

「有吉反省会」では、なぜか「お尻が汚いアイドル」としてプチブレイク。その箇所を除けば、全身のバランスは神々しいレベル。

4位・忍野さら(164センチ B91・W57・H81)

昨年度のグラビア界・最優秀新人賞は、DVDバカ売れの「女子大生Gカップ」で文句なし。上品な顔立ちで表紙クイーンの座も間近。

5位・葉加瀬マイ(170センチ B93・W60・H90)

しばらくの休業期間を経て再起動すると、そのダイナミックな肢体がさらにパワーアップ。三十路を迎えても、現役感はピカイチ。

6位・片山萌美(170センチ B91・W59・H87)

彗星のごとく現れた美体の女優は、1月に驚きのシースルー写真集を発売。早すぎる展開に、今後、どこまで脱ぐのかと期待大。

7位・岸明日香(158センチ B90・W58・H90)

福本伸行原作の初ドラマ化「銀と金」では、バストを揉まれまくるOLを熱演。着衣ではあったが、その重量感は十分に伝わってきた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!