芸能

クイズ番組「インテリ美女」たちの「IQフェロモン」!(1)スタッフのイチオシは脳科学者・中野信子

 頭脳と美貌──。「天は二物を与えた」を体現するインテリ美女たちが、クイズ番組で「“艶”IQ」の高さも証明し、番組スタッフと視聴者を悩殺している。クールビューティなイメージを覆すフェロモン炸裂現場に、アサ芸スコープが侵入。ウ~ン、これぞ「“艶”賢い」の極致だ!

 豊富な知識から「Qさま!!」(テレビ朝日系)や「ネプリーグ」(フジテレビ系)などのクイズ番組で好成績を連発する「インテリ美女」がいる。職業はフリーアナウンサー、女優、学者、バイオリニストなどと多岐にわたるが、彼女たちは皆、「お色気ムンムン」なのだ。頭脳のみならず「IQフェロモン」が炸裂する現場から、関係者のコーフン証言が聞こえてきた。

「今、テレビ界でいちばんエロい存在は、間違いなく中野さんですよ!」

 興奮気味にそうまくしたてるのは、多くのクイズ番組に携わる制作スタッフである。

「中野さん」とは、クイズ番組の常連であり、「ホンマでっか!?TV」(フジ系)、「ワイド!スクランブル」(テレ朝系)などにも出演する脳科学者の中野信子氏(41)を指す。東京大学大学院医学系研究科博士課程を卒業したあと、フランス国立研究所に勤務していた経歴を持つ彼女の何がいちばんエロいのか。

「著作やテレビなどで『IQの高いオンナは性欲が強い』『オナニーはダイエットに有効』『キスをすることで、バストは成長する。実際、私もファーストキスが早かった』と発言するなど、『学術下ネタ』を連発している。今、テレビ界で最もシモの話を堂々と言える存在です」(前出・制作スタッフ)

 さらに、このスタッフは「その発言と同じぐらい、容姿がすばらしい」と絶賛しつつ、次のようにも言うのだ。

「よくスタッフの間で話題になるのが、あの目のエロさですね。真面目な話をしている時でも、異世界に引き込まれそうな魔性の目をしている。『中野先生に誘われている』と勘違いしてしまい、大恥をかいたテレビマンも10人どころではないでしょう」

 ベテランの構成作家も追随する。

「近づくと花畑にいるような、ものすごくいい匂いがするんです。そして、収録中に見せるあくびがかわいい。しかし何より、あのボディは魅惑的です。ボリューム感のあるバストはDカップ超え間違いなし。コメンテーターとして出演している時よりも、動きのあるクイズ番組だと胸の揺れがよくわかります。ぜひともグラビアに挑戦してほしいですね」

 そんな中野氏に対し、長年「インテリ美女」の代表格であり続けているのが、菊川怜(39)である。東京大学工学部建築学科を卒業する際の卒論テーマが「遺伝的アルゴリズムを適用したコンクリートの要求性能型の調合設計に関する研究」。何ともムズカしそうな論文だが、彼女はデビュー以来19年間、タレント、女優、モデルと、芸能界の一線で活躍を続けている。前出・制作スタッフが語る。

「年々、熟してエロさが増していますね。一時は太ったなんて言われていましたが、今、彼女はフェロモン放出の全盛期ですよ。ゆったりした衣装で出演することが多いクイズ番組では、推定Dカップのバストを拝めないのが残念ですが、それでもお色気はムンムンです」

 さるクイズ番組スタッフの間では、こんな共通認識もあるという。

「クイズ番組を編集する際、絶対に使いたいのが、『解答を間違えた際の不機嫌そうな表情』です。一瞬ムッとする彼女の顔のアップが、男性視聴者の心をわしづかみにするんですよ。もっと強烈なのが、敗退が決定して呆然としている時の『フェラ顔』。開いた口、ぽってりとした唇のエロさと相まって、本当にタマりません」

 さらには、

「以前、やくみつるさんがいつも彼女をエロい目で見ていると、制作陣で話題になったことがありました」

 と証言するのは、人気クイズ番組の女性スタッフだ。真偽はともあれ、それだけのフェロモンを放ち続けている証左なのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!