スポーツ

浅田真央「引退ウラ真相と第2の人生」をスッパ抜き!(1)膝の病状は深刻だった

 あの「ハーフハーフ」発言で幕を開けたフィギュアスケート界の女王・浅田真央(26)の引退狂騒劇。ラスト会見では、すがすがしい笑顔と涙で見る者をホロッとさせた。知られざる引退のウラ真相と人生の「第2幕」を巡って勃発した熾烈な争奪戦を追った。

 4月12日、都内の会見場に用意された167席の椅子は開始1時間前に埋まり、報道陣は約430人、テレビカメラ50台、スチールカメラ100台という前代未聞の引退会見となった。スポーツ紙記者が振り返る。

「各社、過去の担当者の姿もあり、休日返上で来ていたデスクもいた。伝説の14年ソチ五輪フリー、その直後の世界選手権で女王に返り咲き、去就を聞かれて発した『ハーフハーフ』から、すでにまる3年。誰もが最後の決断の経緯や心の葛藤を生で聞いておきたかったのでしょう。昨年暮れの全日本選手権で自己ワーストの12位。それでも現役続行を示唆しながら、沈黙を続けていたのでなおさらです」

 浅田は56分間に及ぶ会見で、記者の質問に一つ一つ丁寧に答えた。12月の全日本選手権の大敗後はリンクから足が遠のいて旅行に行っていたことまで、包み隠さずに引退決断の経緯を語った。だが、引退の原因とされる左膝の故障について質問が飛ぶことはなかった。民放局記者が話す。

「引退真相に関わる質問といえば唯一、『平昌五輪の出場枠が3つから2つに減ったことが影響したか』だけでした。真央ちゃんが『その前に決めていた』と答えたことで、『左膝の故障で引退』と受け取れたのです。いまさら詳しい引退理由は聞かなくていいでしょうというムードになりました」

 浅田は会見でケガの話を一切口にせず、その潔い姿勢がファンの感動を呼んだ。

「真央ちゃんはみずからケガの話をしたことがない。報道陣の前ではサポーターやテーピング姿も見せなかった。昨年10月のフィンランディア杯(2位)で代名詞のトリプルアクセルを封印。帰国した佐藤信夫コーチが成田空港で左膝を痛めていることを明かし、後日、本人が認めたのが最初でした」(前出・民放局記者)

 浅田がブログで引退報告した翌11日、佐藤コーチが報道陣の前に姿を見せた。

「そこで佐藤コーチは、浅田が12月の全日本選手権でトリプルアクセルに挑んだことに触れ、『(左膝痛は)普通では考えられない激しいもの。立派。(トリプルアクセルは)彼女のモチベーションだった。極限状態まで頑張った。それだけは間違いない』と話していました。これを受けて、スケート連盟の関係者は『トリプルアクセルの続行を黙って見ているわけにはいかない状況で、悪化させれば、日常生活にも支障を来しかねなかった』と明かしていました」(前出・民放局記者)

 大ケガにつながれば、最悪、歩けなくなることも懸念されていたという。引退会見で「頑固」と自称していた浅田でも、トリプルアクセルと現役生活を諦めなければならないほど、膝の病状は深刻だったのである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤綾子が「フッた男」「フラれた男」(下)結婚で明石家さんま芸能界引退!?
2
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
3
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
4
木下優樹菜がまた男に触らせてる!旦那無視のインスタ投稿は「ヤンキーの業」?
5
“若い時から”の声も… 工藤静香、「シワが増えるわ」の自虐発言に暴言の嵐