社会

年間8億円荒稼ぎの「ボッタクリ帝王」が明かしたワル手口(4)「梅酒1杯15万円」で逮捕!

 2000年11月1日、東京都では全国に先駆けて「ぼったくり防止条例」が施行された。実はこの条例ができるきっかけを作ったのも影野氏だったのだ。

 99年、「Kグループ」摘発で影野氏は逮捕・起訴され、警察から拘置所へ単独押送される車の中で、新宿署生活安全課の担当刑事がつぶやいた。

「お前のおかげで、ぼったくり防止条例ができたよ」

 条例ができる契機となった摘発事件は「梅酒1杯15万円事件」と言われた。

 影野氏が回想する。

「その客は、東北弁で宅八郎(オタク評論家)みたいな感じのロン毛の風俗オタクだった。風俗雑誌をリュックに何冊も持っていたよ」

 ヘルスに行こうと、キョロキョロしていたところをキャッチに捕まり、影野氏の店に連れてこられた。それでもホステスの乳はさんざん揉んだが、請求の金額24万は高いと言って払わない。6時間近くも支払いを拒否し続けた。

「少々頭にきて『そのウザい髪を切れぇ!』って、オタクにハサミを突きつけてしまった。『このことを親に言うぞ。金払わないなら警察行くぞ』って言ったら、オタクは『勘弁してください』って払ったんだ。東北までの汽車賃も必要だろうと15万にまけてやったんだけど‥‥」(影野氏)

 被害者は酒が弱かったため、勧めても梅酒を1杯しか飲まなかった。ところがその後、交番に駆け込みこう訴えた。

「ハサミを首に突きつけられ、ボコボコに殴られた」

 東北訛りで純朴そうに見えるオタクの話を真に受けたのだろう、と影野氏は述懐するが、風営法違反および強盗罪で逮捕されてしまう。求刑懲役8年に対し、判決は5年。控訴して懲役4年6カ月となった。

 影野氏はアカオチ(刑務所に下獄)し、新潟刑務所で約4年服役する。

 こうして「Kグループ」は崩壊。解散する。

「条例がなかったから強盗罪をつけられた。あったらせいぜい罰金刑でしょ? ボッタクリ店というと“暴力バー”というイメージだけど、俺の店は極力荒っぽいことはしなかった。本来、究極のボッタクリとは、客に気づかせないで料金を支払わせること。100万円請求しても、20万円しかなかったらそれで完済。1万円しかなかったら、悔しいけど客を見る眼力がなかったとして1万円で諦めるしかない。それが、俺たちのボッタクリだった」

 当時をこう振り返った影野氏は現在、みずからの経験を生かし、歌舞伎町でトラブルの相談に乗るネゴシエーターとして活動をしている。

「歌舞伎町がよくぞまぁ、ここまでクリーンな街に様変わりしたものだと思うよ。いまさらながら、歌舞伎町を昔に戻せとは無理な注文であることはわかっている。だけど、せめて来た人全てが、胸にトキメキを覚えるような魅力的な街であってほしい。目をギラつかせた人があふれかえった、昔の歌舞伎町のようにさ」

 影野氏がいまだに熱い思いをはせている歌舞伎町では、今日も商店街振興組合が「客引きは100%ボッタクリです!」と看板や有線放送で注意を促している。

笹川伸雄(ジャーナリスト)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然