芸能

今は昔の木村拓哉「ロンバケ」伝説!「セナマンにOLが殺到し…」とは?

 今年は主演連ドラ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)、主演映画「無限の住人」が数字的に振るわなかった木村拓哉。しかし、90年代はいい男のシンボルで、視聴率男でもあった。

 そんな時代の代表作が、「ロングバケーション」(フジテレビ系)。通称・ロンバケは、キムタク演じるピアニストを目指す瀬名秀俊と、結婚を解消された年上モデルの葉山南(山口智子)との同居生活を描いたラブストーリーで、1996年に放映された。当時からアイドル誌の編集をしているエディターは当時の盛り上がりぶりを、こう振り返る。

「月曜夜9時になると、街からOLが消えると言われ、会社帰りの女性はまっすぐ帰宅して、テレビにくぎ付け。作品でキムタクはピアニストを演じたため、ピアノ教室が大繁盛。男女ともに、彼を目指したのです」

 目に見えて増えたのは、ロケ地巡礼。特に、2人が一緒にピアノを奏でたり、窓から顔を出してスーパーボールをバウンドさせた瀬名のマンションは、「セナマン」と命名され、放映中から女性ファンが殺到した。

「3階建てのクラシックなマンションは、東京都江東区に実在していましたが、2011年ごろに取り壊されました。その際には、昔を懐かしむファンが押し寄せて、あちこちで写真が撮られていたとか。今年4月にオンエアされた明石家さんまとの特番『さんタク』(フジテレビ系)では、さんまと船で聖地をめぐり、当時のエピソードを懐かしそうに語っていましたね」(前出・エディター)

 ロンバケの最高視聴率は36.7%で、月9の歴代第3位。主題歌「LA・LA・LA LOVE SONG」(久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)は185.6万枚を売り上げた。すべてが規格外で、90年代後半、木村は日本一輝いていたオトコだったのだが…。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚