芸能

天才テリー伊藤対談「熊田曜子」(3)出馬要請が来る価値が出るって?

テリー しかし真面目な話、子どもは3人目を作る予定はあるの?

熊田 そうですね。私はもう1人欲しいし、主人も「いいよ」って言ってくれているので、あとは事務所との話し合いですね。

テリー 熊田は稼ぎ頭だから、事務所にしてみたら、これ以上子どもが増えて時間を取られるより、もっと仕事をしてほしいんだろうけどな。

熊田 やっぱり、そうなんでしょうか?

テリー ただね、それは考え方が逆なんだよ。周りからの見え方として、子どもの1人目は「ペット感覚みたいな感じで産んだんじゃないか」みたいな感じだよね。でも2人目を産むと、キチンと子どもに人生を賭けているんだ、と理解した目線に変わる。

熊田 ああ、なるほど。

テリー さらに3人目、4人目となると、今度は「偉い!」っていう尊敬の目線に変わってくるんだよ。例えば、谷原章介さん。あの人、今、子どもが6人もいるんだけど。

熊田 多いですよね。

テリー あんなに甘いマスクで、性格もすごくよくて、さらに子どもが6人もいると思うと、ちょっと格が違う人に見えるんだよ。「きっと俺なんかとは全然違う人生観や高い意識を持って生きてるんだろうな」ってね。

熊田 へぇ~。

テリー だから熊田もあと1人、2人産むと、絶対周りの見方が変わってくると思うね。今までとは違う仕事が来るだろうし、たぶん自民党から出馬要請が来るよ、ポスト三原じゅん子として。

熊田 いやいや、とても私に政治なんかできないですけど(笑)。でも、そのぐらいの価値が出てくるってことですか?

テリー そう。そのためには、早くセックスができる環境を作らないとダメなんだよ!

熊田 アハハハハ! やっぱりそういう話になりますか(笑)。でも、正直言うと、最近主人は別の部屋で寝てることが多いんですよ。仕事から帰ってくるのがだいたい深夜1時ぐらいなので、「赤ちゃんを起こしたら悪いから」って。

テリー それはわかる。そんな時間に帰ってきたら、あとは何もやりたくないものな。旦那の仕事、休みはないの?

熊田 日曜日だけですね。

テリー ということは、土曜の夜がチャンスだ。

熊田 でも、土日は私がいちばん大変なんですよ。幼稚園も休みなので、朝からずっと子ども2人の相手をしていないといけないんです。

テリー じゃあさ、土曜日の夜に子ども2人を実家のお母さんに預ければ? たしか、近所に住んでるんでしょう?

熊田 あっ、それはすごくいい案ですね。

テリー 悪くないよな。俺、最近心理学を研究しているんだけどさ。

熊田 ええっ、そうなんですか。

テリー うん。フロイトの本を読んでたりするんだけど、子どもを親元から離すっていうのは、寂しさに耐える訓練になって、子どもの自立心を育てるのにいいらしいよ。

熊田 確かに、おじいちゃん、おばあちゃんも、孫が通ってくれるとうれしいでしょうしね。

テリー よし、じゃあその手で3人目いこうか。

熊田 そうですね(笑)。今回も、これを機会に3人目頑張ってみます。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…