芸能

最上もが「でんぱ組」内の不仲説を否定するもファンはさらに大混乱!

 ファンを安心させるつもりが、より混乱を招いている!?

 でんぱ組.incの最上もがが7月3~4日にツイッターを更新。グループ内の不仲説について言及、怒りを露わにしている。

 でんぱ組では、5月に行われたイベントで最上が欠席するも、イベント終了後にメンバーの1人、夢眠ねむが「この仲間全員で、このパレードができて良かった」と、最上の欠席に触れるどころかメンバー全員で出演したかのようにツイートするなど、以前から不仲説が浮上していた。

 これに今回の最上は「ファンの方やアンチやその他のよくわからん人に不仲とか言われるけど、寄せ集めグループではじめから仲良い人達っているのですか?」と問いかけたうえで、「少なくともぼくはあなたたちよりメンバーのことよーく知ってるし大好きですよ。今も昔も」とコメントしている。

 さらに「メンバーのこと、そんじょそこらのよーわからんやつに悪口とか批判されるのが一番腹立つよ」ともコメントし、メンバーに対し心無い書き込みをする者を厳しく批判している。

 この最上の発言にでんぱ組ファンは安心したかというと、どうやらそんな単純な問題ではないようだ。

「まずは不仲説については、最上は否定していますが、他メンバーとの間に深い溝があるのは間違いない。それにメンバーのことを悪く言う人を許さないとも言っていますが、もとはといえば、ショートヘアにして自身と髪型がかぶったメンバーの悪口を言ったり、自身がライブでしゃべれなかったのは他メンバーに潰されたからという意味合いの発言をSNSで発信したのは最上自身です。そこから不仲説が顕在化したのも事実で、最上がまいた種です。そうした事情をよく分からないライトな最上ファンが首を突っ込んだりして不仲説が強まっているのもある。また、グループ間不仲といっても6人組のでんぱ組だが、最上VS最上以外の5人というのが構図ですから、単純に最上以外のメンバーのファンが最上の間違った言動を指摘しているような展開になっています」(アイドル誌ライター)

 そのため、他メンバーのファンや、グループ全体のファンでメンバーの関係を中立的に見ているファンからは「一番メンバーを批判してたのはあなたでしょ。本当に都合良すぎ」「SNSでいちいち言わないでメンバー間でやってください」「どんだけ情緒不安定なんだよ」「最上さんのそうゆう喧嘩腰のツイートが余計な敵を増やしてると思う」といった手厳しい意見が寄せられ、さらなる大混乱を招いているのが現状だ。

 SNSでああだこうだ言うよりもメンバーと仲良くコミュニケーションをとっている姿を見せるのが一番効果的なのでは?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、ドッキリ動画に映り込んだ「爆裂バストが凄い」とファン大反響!
2
鈴木奈々のヒップ見せ以上!「女子メンタル」地上波カットされたウイカの激艶シーンとは?
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
森七菜、髪型イメチェンで「完全に広瀬すず化!」ファンがザワザワ
5
巨人のエース・菅野が「越権行為」も原監督が手を出せなかった“事情”とは!?