特集

「実食」でわかった「半年待ち」肉料理店「シメのカレー」の至福度!

Sponsored

 母の手作りのやさしい味に慣れ親しんだ幼少期、学食で一番安くボリュームがあった学生時代、ひたすら辛さを追求した社会人になりたての頃…と振り返れば生まれた時から慣れ親しんできたカレー。今や立派な中年世代で、胃腸も弱くなっている気がして最近は辛さを選べるカレーなら中辛と決めている。

 そんな記者が、このほど食楽marcheが、東京・吉祥寺の名店「肉山」とコラボして「肉山カレー」と同店オリジナル「チリマスタード」、オーナーシェフ絶賛の「紀州香山椒」を引専用ミル付きでセレクトしたギフトボックスの「実力」を検証した。

 この「肉山」、何でも2012年の開店以来、肉好きや著名人の間で話題となり、予約キャンセル待ちは半年先まで続く人気で、全国展開も果たしているが、各店とも開店直後から予約は満席という。食事メニューは「おまかせコース」のみで、赤身肉中心のさまざまな肉料理を提供し、そのシメに出るのが肉山カレーだ。

 さっそく、ボックスを開け、2袋入りのレトルトパックの一つを5分ほど温め、ご飯に盛り付けてみる。と、やや原型をとどめている牛肉、豚肉がそれほどゴロゴロ入っているわけではない。量が一人分にしては少ないかと思いきや、一口食べてその理由がわかった。濃厚なのだ。コース料理で使ったりんご、キムチ、そして甲殻類の渡り蟹など、さまざまな食材が溶け込んでいるというシメのカレーだけに、肉料理を食べた後の満足感のような旨味が口いっぱいに広がる。辛さも、全体としては、中辛好き記者にピッタリのやさしい辛さだが、キムチだろうか。時折心地よいピリ辛が「面」というより「たくさんの点」のような感じで口の中をあちこち刺激する。なかなか予約がとれない「肉山」がコース料理で繰り出すさまざまな料理の魅力が、映画で言えば、ダイジェスト予告編のように詰まっており、“本編”を堪能したい欲求にもかられる。

 次にビンにタップリ入ったチリマスタードを、スーパーで買ったウインナーソーセージにつけてパクリ。プチプチとした食感の粒唐辛子とともにさわやかな、しかし強烈な酸っぱさとパンチの効いた辛味が口の中で広がる。ウインナーの肉の味も、スイカに塩をかけると甘くなるように、ぐっと引き立ちワンランクもツーランクも上の味になった感じだ。

 紀州香山椒はパックを開けたとたんにガツンと芳香が鼻から頭の奥のほうまで飛び込んでくる。ミルで引けば、その香りが何倍にも膨らみ、鼻腔を突き、アロマオイルではないが、気分までよくなってくる。山椒といえば、うなぎの蒲焼にかけるぐらいしか思いつかない記者だが、肉料理を引き立てるのにも負けない力強さであった。

 もちろん贈り物にも最適なこのギフトボックスは好評につき、今回二度目の注文受付となる。限定20セットなのでお早めに申し込んでいただきたい。

⇒商品の購入はこちらから

Sponsored by 株式会社徳間書店

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?