芸能

ビートたけしの金言集「ラッシャーさんの“ウォークマン”事件!」

「あいつは凄いぞ。初めて新車買う時、ディーラーの人に『あの~、下取りの時高く買いとってもらえる色って何色ですか?』って聞いて、好きでも何でもない色の車乗ってたんだからな」

「軍団が2チームに別れて山の中でロケやった時よ、義太夫がたまたまポケットに入ってたせんべいをかじったら、その音を察知した腹ぺこのラッシャーが、2キロぐらい先から歩いてきて、『義太夫さん、今、何か食べませんでした?』って聞いてきたんだから」

 前回からの続きになりますが、殿が軍団さんとの蜜月な日々を語る時、一番よく登場する名前は、間違いなくラッシャーさんです。

 端っこの末席にいるとはいえ、同じたけし軍団として、殿の記憶に強く刻まれているラッシャーさんを、本当にうらやましく思います。

 好きな人の記憶に刻まれない人生なんて、そんなもの、何が人生でしょうか! つい興奮してしまいました。すいません。

 で、殿がラッシャーさんの話をされる時、必ず出るエピソードが「ウォークマン事件」です。

 殿が普段使用されていたウォークマンを、ラッシャーさんが一時預かり、また殿に戻した時のこと──。

「何かウォークマンの調子がおかしいからよ、『おい、ラッシャー、これぶつけたりなんかしなかったか?』って聞いたら、『いえ、そんなことしてません!』って、やたら強く言うんだよ。だけどやっぱりなんかオカシイんだよな。それでウォークマンを置いてトイレ行って出てきたら、ラッシャーの野郎がトイレ前で土下座してんだよ。『何やってんだ、お前?』って聞いたら、『殿、わたくし、嘘をついておりました。申し訳ございません!』って床に頭をこすりつけながら謝ってんだよ。どうやらあいつ、ウォークマンを落としたらしいんだけどよ、何もウォークマン1個でそこまでやることねーだろ。あれには笑ったな」

 とにかく、殿の中でラッシャーさんのネタは尽きることがありません。

 これはわたくしの勝手な分析ですが、リアクションを激しく求められる、かつての「ガンバルマン」や「お笑いウルトラクイズ」などの現場で、時おり、“これは誰がやっても面白くならないだろう”といった、芸人泣かせのシチュエーションでも、いつだってラッシャーさんは粘りに粘り、最後は必ず爆笑をかっさらってきたのです。そんな姿を何度も目のあたりにしている殿が、弟子の中でも、“確実にやってくれる弟子”として、信頼を寄せているからこそ、ラッシャーさんネタの数が半端ないのではないかと強く感じます。簡単に言ってしまえば、殿はラッシャーさんが芸人として大変好みなのです。

 ちなみに、ラッシャー板前さんが、一番最初に殿から付けられた芸名は「力道山」にあやかった「力動川」です。そんな元・力動川さんの結婚披露宴の時、殿はかつて見せたことのない、泣かせるスピーチを披露されたのでした。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
5
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?