社会

魔窟・銀座の「みかじめと愛欲」60年戦争(2)一度払えば何度も要求される

 銀座の街には古くから、「顔役」と呼ばれるような男が数多く存在した。“銀座の虎”の異名をとった町井久之を筆頭に、町井が経営した一流クラブ「シルクロード」でスカウトマンとして活躍した梅宮尚などがいる。

 梅宮尚は俳優・梅宮辰夫のいとこで、やがて、系列の17軒のトップに立った。その名前に憧れ、銀座の門をくぐった黒服志望の若者も少なくない。

 梅宮尚は故人となったが、この「シルクロード」の営業部長としてらつ腕を振るい、銀座の顔役として知られたのが天野憲治である。天野はのちに「バイカウント」という高級店をオープンさせ、絶頂期の銀座に君臨する。

 今は引退している身だが、再び「みかじめ」が騒がれていることについて今回、久々に声を聞かせてくれた。

「店側が名前を出さないだけで、そういうカネを渡してきたところは昔も今もあるだろうな」

 天野が「バイカウント」を立ち上げた時も、払えと言ってくる組員はいた。天野は、超一流店のプライドとして一切、応じなかった。

「一度言うことを聞いたら、何度でも続けて要求してくるから。うちは全部シャットアウトしていたけど、ある日、店の正面ドアに車ごと突っ込んできたなんてこともあったよ」

 涼しい顔で天野は言うが、それだけ日本一の歓楽街には修羅場が限りなくあるということだろう。

 さらに天野は、名物営業マンとしての立場からも「店を守る」ことに徹した。

「それこそ『アサヒ芸能』も店をよく取り上げてくれて、おかげで吉行淳之介さんや川上宗薫さんなど、いいお客さんが使ってくれた。こうした客層をPRするためにも、ゲスな三流女は使わなかった」

 余談だが、天野はある日、テレビで活躍する歌手の顔を見て驚いた。かつて、自分の店でホステスとして働いていた女だったのだ。

「顔はきれいだったけど、その子は泥棒グセがあったんだ。店の慰安旅行でもずいぶんと盗まれていたようだし、その子が更衣室に行くだけで周りがイヤがっていた。お客にはモテていたけど、銀座で長続きはしなかったね」

 銀座最年少ママとして騒がれた「クラブ順子」の田村順子は、若き日に名前を売るために雑誌でヌードを披露した。銀座の「クラブ姫」での成功を機に作詞家、作家として活躍した山口洋子もまた、女傑の1人である。

 こうした栄華は、60年代の高度経済成長期に大きな変節を迎えた──。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」