スポーツ

プロ野球後半戦突入の弾道ミサイル(2)日ハム・大谷翔平を悩ますメジャー新労使協定の呪縛

 一方、昨シーズンから一転、CS進出に暗雲が垂れこめている日本ハム。その低迷の最大の要因が大谷翔平(23)の戦線離脱にあることは間違いない。しかも大谷自身のメジャー移籍の時期も遅れるハメになりそうなのだ。

 日米の野球に詳しい関係者が舞台裏を明かす。

「WBCを辞退することになった足首痛に加えて、長引くと選手生命にも関わってくる大腿部のケガもしました。おまけに、昨年のシーズン途中に肘を痛めたという噂まであります。まだメジャー移籍へ向けてのリハビリが万全ではないのです。もしメジャーでも二刀流を狙っているのならば、この肉体の状態で行くのは危険です」

 加えて、メジャーの新労使協定というルール上の障壁が生まれ、1年どころか、2年先送りになる公算も強まっている。

「メジャーの新労使協定により、25歳以下の海外の選手の獲得に関しての契約金、年俸の制限が設けられました。すでに多くの球団が他国の選手獲得にお金を使っているため、大谷資金が残っていません。資金力のあるほとんどの球団が昨年に制限額をオーバーしていたため、使える金額の上限が30万ドル(約3300万円)となっています。さすがに『金でなくロマンだ』と大谷が考えていたとしても、野茂が挑戦した時代とは違っています。総額100億円以上と言われている契約金、年俸が100分の1にも満たないなら行かないでしょう」(前出・日米の野球に詳しい関係者)

 さらに、チームの不振もさることながら、大谷不在によるマイナスの経済効果は相当、深刻なダメージとなっている。

「現在、具体的な数字ははっきりしませんが、チームの不振で観客動員が激減しているという状況がある。球団としては、新球場建設に向けて観客動員は回復しておきたいところ。むしろ、ケガを機に、日本残留の延長を申し出る可能性も出てきています。新労使協定の条件から外れるのは2年後の2019年のオフ。ケガをした大谷にとってもちょうどいい期間ではないでしょうか」(スポーツ紙パ・リーグ担当記者)

 だが、大谷の戦線離脱でBクラスに甘んじる栗山英樹監督(56)も、ここにきてシーズン終了後の辞任が濃厚になりつつあるのだ。

「栗山監督は、みずからの監督美学を大事にする人。CS出場がなければ間違いなく辞任するでしょう」(球団関係者)

 しかも栗山監督の斎藤佑樹(29)びいきにも批判が集まっている。

「今季、5試合の先発機会をもらい、1勝3敗だが、『なぜボールにまったく力のない斎藤が先発?』という不満の声がチーム内外から消えない。栗山監督が退任後も編成部門のGM的な仕事で球団に残るならば、もう1年残留の可能性もあるでしょうが、栗山監督がマスコミ界に戻れば間違いなく戦力外でしょう。ただ、まずはトレードを画策するでしょうから、人気選手が欲しいチームや投手陣が崩壊しているチームは反応するかもしれません」(前出・球団関係者)

 ハンカチ王子のバーゲンセールとはまさに隔世の感すらある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」