芸能

灼熱の「映画&ドラマの艶ヒロイン」を総直撃!<直撃3>應蘭芳・魔性の女

 60年代に青春を過ごした者ならば、その名を聞いただけで「失神女優」こと應蘭芳(79)の妖艶な演技がよみがえるはずだ。当時、世間を驚愕させた“異名”の由来と名作を振り返る。

 あの時は、まさかそんなことになるなんて思わなかった。66年に「マグマ大使」(フジテレビ系)にモル役で出演したあと、所属していた劇団が解散し、事務所を移籍しました。

 その後、朝丘雪路さんの代わりに「11PM」(日本テレビ系)に出たことがきっかけで、「平凡パンチ」さんの、その時にスポットが当たっているギャルを取り上げる「エッチな100の質問コーナー」という企画で取材されたんです。

 記者の方が本当に100個、卓球のラリーのように考える間もなくポンポン質問する中で、「セックスした時、どんな気持ち?」と聞いてきたの。私、「桃源郷で遊ぶ」って答えたんです。すると終わったあとに編集者の方が「この表現は読者には難しい」と言うので、「じゃあ、“失神”なんてどう?」と答えたのが、騒ぎになってしまったんですね。

 それからはもう、例えば母親と道を歩いていると、前から歩いてきた男性に、「あ! 失神女優だ! でもおふくろのほうがイイ女だナ」なんて噂されたことも(笑)。

 本来は私、硬派なんですよ。水泳の飛び込み選手としてオリンピックの予選に出たこともあったくらいで。でも、そのインタビューがきっかけで突然、世間のキャラクターイメージが「失神女優」へ加速してしまって戸惑いました。

 そのイメージを消したくて、もともとやっていたスキューバダイビングとカーレースの他に、「陸・海とやったから、あとは空だ」と思い、スカイダイビングに挑戦したんです。

──

 “失神騒動”以降は、官能描写のある映画出演が増加。「あるセックスドクターの記録」(68年、大映)、「魔性の女」(68年、日活)、佐藤允に裸のまま浴室で殺される、加藤泰監督作「みな殺しの霊歌」(68年、松竹)などに出演した。

──

「あるセックス──」は「性感染症はセックス以外にも感染経路がある」という啓蒙的なニュアンスを含めた作品で、現場では、主演の船越英二さんにとってもよくしていただきました。

「魔性の女」は、初めての主演作です。皆さんが「本当にいい作品を作ろう」と、河津清三郎さんなど、そうそうたる脇役の方々が応援で出てくださったんです。ベッドシーンがあったのですが、事務所の先輩の田中春男さんから「どうしたらキレイに、セクシーに映るか」を手取り足取り教わりました。

 例えば、ハグはギュッとせず、少し余裕を持って抱き合うとか、相手の顔を至近距離でまっすぐ見つめるところを、横からカメラで撮られるシーンでは「目線を盗む」ことを教わりました。相手の顔より少しずらしたところに視線を向けると、カメラに目の表情が映るんですよ。

 昔の先輩方は、厳しいけれど、親切でしたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ