芸能

日テレ・水卜麻美アナ「惜別のロケ」を見逃すなッ!(2)田中みな実は積極的に…

 だが、他のアナたちも水卜アナの大躍進を指をくわえて眺めているだけではない。中でも、TBSを退社しフリーとなって3年、あらゆる女子アナをライバル視している田中みな実(30)がものすごい。その意気込みのかいあってか、現在は「ひるキュン!」(TOKYO MX)などレギュラー5本と活躍の幅を広げると同時に、色香路線にも拍車がかかるばかり。

 7月17日放送の「もしかしてズレてる?」(フジ系)では、プライベートのヨガ教室での艶姿を披露。マットの上で上半身を左右にひねると、いきなり胸開きタンクトップから丸い上乳がこんもりハミ出るハプニング。続いて、よつんばいポーズとなり片足を上げる運動では、ビッショリ汗で湿らせた濡れ透け谷間ラインを見せつけた。さらに、とどめのヒップアップ運動では、太腿にゴムを巻きつけたまま足を開脚すると、カメラにパッカリご開帳の痴態まで披露するほど。

 この過激すぎる赤面ポーズに、芸能評論家の織田祐二氏も、ぐうの音も出ない様子なのだ。

「いやぁ、局アナ時代にはおよそ考えられない恥ずかしい痴態です。水卜アナとは正反対にピッチリサイズでの大開脚露出作戦で、フリーアナとして切り開く本気の姿勢に好感が持てます」

 それどころか、ついには8月10日発売の女性誌「美人百花9月号」では、下着姿でグラビアデビュー。

〈局アナ時代は大きめの胸がコンプレックスでさらしを巻いて仕事をしていたことも〉

 と、巨乳の悩みをカミングアウトしながら白いタンクトップからクッキリ谷間をのぞかせ、胸突き出しポーズで扇情的ポーズ。そして、ベッド上ではレースの下着姿でうつ伏せとなり白いヒップを突き上げ、見る者を誘ったのだ。

 やはりフリーアナの原動力は、渾身のエロパワーにありか!?

 一方、フリーアナになってガゼン色気を振りまくようになったのは、昨年4月にフジから独立した加藤綾子(32)だろう。

 7月26日には、「今夜はとことん!ピアノと日本人」でNHKに初登場。音大出身のカトパンは音楽教師のような白ブラウス姿でピアノ演奏を披露しただけでなく、外ロケでは胸元の開いた衣装で谷間チラまで見せていた。丸山氏も太鼓判を押す。

「CMでは胸元の開いた衣装を披露しているが、フリー後は肌露出も増えた。この時期になるとノースリーブが増えているので、脇チラにも期待したい」

 三十路のチラリズムこそ、フリーアナの本懐に違いない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え