芸能

お笑いから「ジャニーズ担脚本家」へ!華麗な転身を果たした元芸人とは?

 今期の連ドラ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)で主演を務める女優・高畑充希。彼女の名を世に知らしめたのは、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016年)にほかならない。このドラマの脚本を手がけたのは、西田征史氏だが、その経歴がユニーク。何と元お笑い芸人だというのだ。

 お笑い芸人のコンテンツを担当する構成作家に話を聞いた。

「1994年にお笑いコンビ『ガラパゴス』を結成。その後、相方を何度か替えながら1995年から1999年まで『ピテカンバブー』というコンビ芸人でした。相方は佐野忠宏さん。現在は『コトブキツカサ』の名義で、芸人をやりつつ、映画パーソナリティとしてメディアに引っ張りだこです。2人が所属していたのはホリプロでしたが、当時、ホリプロの若手芸人みずから芝居の脚本を書くコンクール形式のライブがあって西田さんは優勝。それを境に本格的に脚本を書くようになりました」

 コンビ解散後は、芸人仲間の舞台を企画・脚本・演出・出演までやった。一時期は「年収80万円」にまで落ち込んだが、2008年に映画「ガチ☆ボーイ」の脚本を担当したあたりから、右肩上がり。連ドラ「魔王」(TBS系)、「怪物くん」(日本テレビ系)、「妖怪人間ベム」(日本テレビ系)、「信長協奏曲」(フジテレビ系)の第1、2話の脚本を担当している。

「『魔王』と『怪物くん』は嵐の大野智、『妖怪人間ベム』はKAT-TUNの亀梨和也が主役。『信長協奏曲』にはKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔が出演しています。2009年には、NEWSの増田貴久の主演舞台『雨の日の森の中』、2012年には関ジャニ∞の丸山隆平の舞台『BOB』を作・演出しています。同作は、今年11月に公開される丸山さんの初単独主演映画『泥棒役者』となってよみがえります。このことからわかるように、西田さんは、ジャニーズから高い信頼を得ているんです」(前出・構成作家)

 売れない芸人から“ジャニ担”へ華麗なる転身。勝ち組であることは間違いない。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(2)最長30時間もトイレに行かず寝続けた
2
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
3
新垣結衣「イメージ崩壊」私生活(1)風呂嫌いにトップス裏返し
4
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
5
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然