スポーツ

竹原慎二「ガン誤診で余命1年」闘病激白!(1)「何もしなければ最悪1年」

 今から約3年半前、医師から「余命1年」を宣告された元世界王者が壮絶な闘病の末、復活を果たした。発端は「誤診」という悲劇。その体験談を激白するとともに、今まで語られなかった、あの世界戦の舞台裏も初公開する。

 それはあまりにも突然の出来事だった。元WBA世界ミドル級王者、竹原慎二氏(45)が、医師から告げられたのは「膀胱ガン」の診断。14年2月のことである。

 実は、その1年ほど前から頻尿が気になっていて、長年つきあいのあるホームドクターのA先生に診てもらっていたんです。A先生には膀胱炎と言われてしばらく抗生物質を飲んだけど、治らない。「チャンピオンはお酒を飲むから薬が効かないんだよ」と言われて10日ほど禁酒をしてみたけど、それでも一向に症状が改善しないので再診してもらうと、今度は前立腺炎と前立腺肥大だと言われて薬を処方された。

 ところがその年(13年)の大みそかの晩、血尿が出て便器が真っ赤に染まったんです。ビックリしてA先生に電話をすると、知り合いのB先生がいる総合病院の泌尿器科を紹介されて、年明け6日に受診。そこで初めて尿細胞診(尿中の細胞を鏡検し、悪性の細胞の有無を調べる検査)をやりました。その時はB先生から「様子を見ましょう」と言われて漢方薬をもらって帰ったのですが、1カ月後の2月2日にまた大量の血尿が出て、慌ててB先生を訪ねた。するとB先生は前回やった尿細胞診の結果を見ながら「よく調べたら『クラスV』って数値が出てるね~」と、そこで初めて検査結果を見たかのような口ぶりで、僕に「ガンだね」と告げたんです。その時はショックというより、あまりにもあっけなく宣告されたんで「ガン? 何で? 俺が‥‥?」と状況をよく飲み込めませんでした。尿細胞診で「クラスV」というのは「明らかに悪性腫瘍」と診断された結果で、「ガン確定」なんですよ。それなのに1カ月も放っておかれたんですから。自分からB先生を訪ねて行かなければ、何も知らないまま手遅れになっているところでした。

 95年に日本ボクシング界初の世界ミドル級王座に就いた竹原氏は、初防衛に失敗後の翌年10月、引退を表明。その後はタレントとして活動するかたわら、東京・大森で「竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジム」を経営している。今回の竹原氏の「ガン診断告白」は、自身が先頃、上梓した著書のタイトル、「見落とされた癌」(双葉社)そのものだったのだ。

 内視鏡検査の結果、膀胱の右壁に2.5センチの腫瘍が見つかり、それが筋層まで達していたため、膀胱全摘と言われました。それでも諦めきれず、何とか膀胱温存はできないかとセカンドオピニオン、サードオピニオンも受けましたが、結局は「膀胱全摘しかない」と。そしてサードオピニオンの際に宣告されたのが「このまま何もしなければ最悪1年」。この時は「もう死ぬんだ」と、ドン底に落ちた気分でした。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アキラ100%よりヤバい?「嫌いな芸人」ランキングでガチにアウトな芸人とは
2
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
3
綾瀬はるか主演の新ドラマに囁かれる「まるで艶系動画」の“匂い”!
4
半同棲に発展!?ワンオクTaka、芸能界最強ボディの浅田舞と結婚の可能性
5
渦中の若妻が衝撃告白!“紀州のドン・ファン”は「機能しなくなっていた」