芸能

黄金の「昭和テレビ時代劇」主役をオール直撃!(2)西郷輝彦<「江戸を斬る」遠山金四郎>

 橋幸夫、舟木一夫と並び歌謡界の「御三家」として一世を風靡した西郷輝彦(70)。本格的な役者に転向後、時代劇でも再び旋風を巻き起こす。

 週刊アサヒ芸能に連載された花登筐原作の「どてらい男」が関西テレビでドラマ化され、大当たりとなった。主演の西郷は、実に3年半も山下猛造を演じ、俳優としての地位を確立する。

 そして75年、並行する形で主演を務めたのが「江戸を斬るII」(TBS系)の遠山金四郎役である。

「幸い『江戸を斬る』が京都で『どてらい男』が大阪。これが東京と関西なら掛け持ちは無理だったけど、何とか週の半々ずつを分けることができました」

 時代劇全盛期に、東映・太秦の撮影所に行くと、松方弘樹、里見浩太朗、北大路欣也らそうそうたる顔ぶれがメイク室にいる。ようやく“仲間入り”ができたと西郷は思った。

「ただ、いざオンエアされたものを観ると、着物が歩いているような感じですよ。裾がすぐに乱れたり、かつらの継ぎ目が割れていたり。それが気にならなくなったのは、シリーズの『IV』に入ったあたりかな。自分でも『来たな!』と思えました」

 この大役に抜擢されたのは、伏線があったと西郷は言う。同じ枠の「水戸黄門」や「大岡越前」を企画制作した逸見稔氏と知り合い、75年の「水戸黄門」にゲスト出演している。

「薩摩の下級藩士という役だったんですが、今思えばあれがオーディションだったんですね。僕は橋幸夫さんに比べるとバタ臭い顔だし、時代劇の主演が自分に来るとは思ってもいなかったですよ」

 遠山金四郎は中村梅之助など名優たちがしのぎを削った役。自分なりの金四郎像をどう表現するか──。

「まず撮影前に1時間半、東映の『剣会』の皆さんにみっちりと殺陣を習いました。それから『町人の金公』と『北町奉行の遠山金四郎』をどう演じ分けるかですね。先輩方のビデオを取り寄せ、マゲや衣装、歩き方まで全て変えることを教わりました」

 番組のハイライトは、おなじみ「お白洲の裁き」である。片肌を脱いで見せる桜吹雪の入れ墨が鮮やかだが、このためには3時間もかけて描いてもらう。

「立ったまま、大の男が4人がかりですからね。さすがにお白洲のシーンだけは2本撮りという形になりました。テレビの時代劇は、時間どおりに早く撮ることが必要。たまに台本のことで逸見さんに電話すると『まあ、いいからやっといてくれよ。あとで編集するから』でしたから」

 シリーズでヒロインとなる「紫頭巾のおゆき」を演じたのは、こちらも本格的な時代劇は初めてという松坂慶子だった。30%を超える高視聴率番組での好演が認められ、松坂の人気も急上昇する。

「よく、鼠小僧役の松山英太郎さんと話していましたが、女としても女優としても、松坂さんがみるみる急成長してゆくのをまざまざと見せつけられました。どんどん美しくなったし、忙しさも重なってきたので『次のヒロインは誰にする?』と言い合っていたくらいです」

 月曜夜8時の枠は、勧善懲悪でハッピーエンドに終わるというのが鉄則。西郷は、そこにホームドラマの要素も加わったことが「江戸を斬る」のロングランにつながったと胸を張るのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
GACKTが元メンバーの墓参りで「供えたもの」に寄せられた称賛の嵐
4
合格率たった4%の名門スタンフォード大学に入る佐々木麟太郎「合格基準」に「大谷翔平と菊池雄星」
5
「大人の発達障害」のダークサイド…「カサンドラ症候群」に苦しみ離婚した女性の沈痛告白