芸能

真木よう子、「ブチ切れ」ツイッター閉鎖で気になる「後遺症」!

 ドラマもSNSも踏んだり蹴ったりな展開に。

 6月にツイッターをスタートさせたばかりの真木よう子が8月29日に自身のツイッターアカウントを削除。あまりにも早すぎる幕切れに世間は唖然としてしまったようだ。

 真木は主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)のPRを兼ねて、ツイッターアカウントを開設。「私なんかの返信で、少しでも幸せを感じる方が居るのであれば、幾らでも応答致します」と話していたように、ファンのコメントにも積極的に返信するスタンスが神対応と評されていた。

 しかし、ドラマの視聴を土下座で懇願する動画をアップしたりして、高視聴率を目指して精一杯奮闘するも、その頑張りとは裏腹に視聴率は大苦戦。真木も「向かい風上等よ!!!!」と強がってはいるものの、だんだんとイタいイメージが定着。

 自身のフォトマガジンを冬に開催されるコミックマーケットで販売することを表明すると、これに批判が殺到。そのことを謝罪した後にツイッターアカウントが非公開となり、最終的には削除される運びとなった。

 また、非公開となった時のアカウント名も「????騙された????」という意味深な文言に変えられていた。

「真木は最後に『芸能人だからって言葉に細心の注意を払わなくてはいけないならツイッター辞めます』といったブチ切れツイートをしていたようですが、芸能人であれば言葉に気をつけなければならないのは当然のこと。SNSをする芸能人は誹謗中傷を受けることもザラにあることですし、我慢強さとスルー耐性が求められるところ。ですが、真木の場合は何でもかんでも正面から受け止め過ぎて、一般人とのバトルが絶えなかった。単純にツイッターが向いてなかったということですが、せめてドラマ終了まではツイッターを続けて欲しかったですね」(エンタメ誌ライター)

 まさか、このわずか2カ月ほどでここまで真木がボロボロになってしまうとは…真木のメンタルがとにかく心配なところだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
2
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
3
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
4
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
5
矢田亜希子の“アンダーウエア”透けてる!?バストのボリュームアップが原因か