社会

「蜂に刺されたら尿をかける」は大間違い!実はキケンな「応急処置」

 この夏も各地キャンプ場で「蜂に刺された」という被害が報告された。

「スズメバチはもともと攻撃性の高い蜂なのですが、夏~秋にかけて攻撃性がさらに高まります。家の軒先や樹木などにも大きな巣を作りますので、レジャーの時だけでなく、この時期は日常的に注意したほうがいいでしょう」(リハビリテーション科医師)

 蜂に刺された時の応急処置といえば、尿をかけるというのが広く知られているが……。

「尿=アンモニアという発想から出た民間療法ですが、アンモニアは体内で尿素に変わって排出されるものです。つまり、尿を患部にかけたところで何の意味もありません。キレイな水で洗い、病院に行ってください」(前出・医師)

 この際だ、やったら逆効果な民間療法について聞いておこう。

●鼻血が出たら、首の後ろを叩く

鼻血が出た時は、まず鼻の上の方を指で圧迫して、下を向くように。首の後ろを叩くと、鼻の粘膜やその下の血管を刺激して、さらに鼻血が出てきます。上を向くのも、血液が鼻腔に溜まってしまうのでやめましょう。

●突き指をしたら、指を引っ張る

突き指とは、指関節の捻挫や脱臼。腱の断裂などのことを言います。引っ張ってしまうと、切れ掛かっていた腱が完全に切れることもあるので危険なのです。突き指したらまず冷やして、動かさないように固定してください。

●タンコブができたら、砂糖水を塗る

医学的には何の根拠もない治療法です。もし、砂糖にタンコブに効く作用があるとしても、塗るだけではタンコブの皮下出血部分まで浸透しない。そんな無駄なことをせずに、氷などで冷やしてください。

●マムシに噛まれたら、口で毒を吸い出す

毒蛇に噛まれたら、とにかくすぐに病院に行って血清(解毒剤)を注射してもらうのが先決。口で吸うと、口内の細かい傷からも毒が入ってしまう可能性があります。女性にやってカッコつけたい時は、わざと傷口と違うところを吸って、病院に着くまでプラセボ効果で安心させることくらいはできるかも知れません。

●ウオノメができたら、ニラの葉を揉んで塗る

ニラにウオノメを柔らかくする効果があることは、医学的根拠はありません。むしろ、よけいな細菌が入ってしまう可能性もあるので、オススメしません。

●痔になったらイチジクの汁を塗る

痔の治療には、まず消毒。イチジクの汁を塗るとよけいな細菌が入るほか、人によってはアレルギー反応を起こす可能性もありますので、止めてください。

 子供の頃から「当たり前」と思い込んでいた応急処置。過ちを犯すことのないようぜひ、頭に入れておいて欲しい。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
3
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること