芸能

真木よう子「主演ドラマ打ち切り」の恐怖現場(2)撮影が終わって「あ~疲れた!」

 結果はさておき、舞台裏ではこんな“もくろみ”があったという。

「今回のドラマは完全に一児の母・真木を想定して脚色された台本で、演じやすいようにセリフも真木さんの地に近いものが用意されていました。それだけに、真木さんは撮影2週間前からツイッターを開設し、撮影現場、共演者とのプライベートショットなどを頻繁に更新、番組の宣伝に努めるなど気合い十分だったんです」(ドラマ関係者)

 ドラマスタート直前の7月11日には「見てください」と、必死の形相をしてベッドの上で土下座する動画まで公開したほど。にもかかわらず初回から視聴率は5.1%と大爆沈となった。その原因をフジ関係者が明かす。

「ドラマでは普通の主婦が減量して読者モデルになるという展開でしたが、真木さんは気合いが入りすぎて撮影前からガリガリに痩せていました。収録が進むほどに激ヤセが進行し、首筋のシワを消すために強力なライトを当てなければならなかったほど。もっとも、どんな衣装を着てもあのGカップがユサユサ揺れていたため、スタッフは『あのモンスターバストには何が詰まってるんだ』と噂していました」

 現場で「疑惑」が浮上する一方で、視聴者からはツイッターに〈胸が垂れた〉との声が寄せられたことも。この失礼な投稿に本人は、

〈子供産んで授乳して、34歳の本物のFカップは、重力に逆らえず垂れるのが正常です〉

 と切り返して、余裕を見せていたが。

 さらに、低迷を続ける視聴率にテコ入れするように突如ツイッター上で、クラウドファンディングで制作費を募り、12月のコミックマーケット(コミケ)でみずからの写真集を販売する計画をブチ上げたのだ。

 芸能デスクが語る。

「真木はもともとマンガなどサブカル系カルチャーへの造詣が深いだけに、小林幸子や叶姉妹のようにオタクファンからも受け入れられる自信があったようです。しかし、コミケは自費出版が基本。ファンからルール違反と猛反発を食らい断念することになりました」

 騒動のあおりを受けて、真木はツイッターアカウントを削除。ネットを活用したドラマのPRは完全に裏目に出た。

「クランクアップした真木さんは、『やっと終わった~! あ~疲れた~!』と大喜びで共演者の女優と抱き合っていました。何かとトラブル続きでしたが、最後は『バイバーイ!』とニッコリ笑って去っていきました」(前出・ドラマ関係者)

 その笑顔に隠された“本音”を芸能デスクが推察する。

「ツイッターで番宣まで行ったにもかかわらず、低視聴率女優の烙印を押され、しばらくはフジのドラマには出演しないはずです」

 真木を巡る騒動は、ドラマの本編以上にアツかったようで‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!