芸能

あの美女たちの「まさかの艶シーン」大全(1)<芸人も歌手も奮起>泉ピン子の貴重なシーン

 女優だけが一糸まとわぬ姿になるのではない。時には笑いで勝負する芸人も、美声を聴かせるアーティストも、本業よりも悩ましい艶姿を披露してくれた。

 14年に亡くなった高倉健と菅原文太の最後の共演作が「神戸国際ギャング」(75年、東映)である。ここで健さんは絵沢萠子を相手に生涯唯一のカラミをこなしているが、もう一人、貴重なベッドシーンに挑んだのが泉ピン子(70)だった。

 今でこそ大女優の風格漂うピン子だが、当時は毒舌で売り出していた漫談家。ピンクのシュミーズの肩もあらわになり、病院のベッドで文太にバックから貫通されている。

「どや、ええか?」

「ええわ‥‥あんた!」

 乳首がうっすら隆起しているのがわかる。汗だくになりながら、大きな喜悦の声を上げながらの熱演であった。

 意外といえばバラエティの女王・久本雅美(59)も負けてはいない。07年に主演した「ミヤコ蝶々ものがたり」(テレビ朝日系)で、最初の夫(橋爪功)と初めてベッドを共にするシーンを披露。

 21世紀のテレビコードゆえに、自身の芸風である「よろちくびー!」の披露はなかった。それでも、一部で定評のある美肌と隠れ巨乳ぶりは視聴者を驚かせたものだ。

 歌手の世界に目を向けると、モダンチョキチョキズの元ボーカリストからナレーション、女優と、マルチに展開する濱田マリ(48)が予想外の一撃。ビートたけし主演の「血と骨」(04年、松竹)でのことである。

 濱田はたけし扮する金俊平の愛人の介護と、やがては自身が愛人に成り代わる役を演じた。映画評論家の秋本鉄次氏が言う。

「濱田がたけしの前で唐突に服を脱いで、驚くほど重量感のあるバストが下からの俯瞰で映し出された。まったく情報がなかっただけに、びっくりしました」

 同作では、たけしの妻役の鈴木京香が「初脱ぎか!」と期待されたが、肩透かしに終わっている。

「言ってみれば本命馬がコケて、無印馬がゴールを駆け抜けた形。鈴木京香の期待外れを補ってくれましたね」(前出・秋本氏)

 美貌のジャズシンガーで知られる阿川泰子(65)は、もともとは文学座出身の女優だった。役者として大成することはなかったが、当時の出演作「血を吸う薔薇」(74年、東宝)に注目したい。

 ここで阿川は、吸血鬼と向かい合う女生徒役に扮している。青いネグリジェを着ているのだが、完全にシースルー。しかも、吸血鬼に襲われて右胸が完全にあらわになる。小ぶりではあるものの、ジャズブームを築いた第一人者の貴重なヌード場面であろう。

 最後は、乳ガンの全摘出手術を無事に終えたばかりの麻倉未稀(57)を。名作ドラマ「スクール・ウォーズ」の主題歌「ヒーロー」を大ヒットさせたが、パワフルな歌唱力以上にB90・W60・H88のボディはド迫力だ。

 そのグラマラスな肢体を見せつけたのが「卍舞2 妖艶三女濡れ絵巻」(95年、東映)だ。麻倉は、峰岸徹に犯される場面で張りのある乳房を露出。さらに峰岸の家で再び犯されるなど、脱ぎっぷりのよさを見せてくれた。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!