芸能

斉藤由貴「CM企業に抗議殺到」でコメンテイターたちに“異変”が起きていた!

 50代医師とのW不貞問題で揺れる斉藤由貴に9月12日、新たなトラブルが襲いかかっていることがわかった。きっかけとなったのが、9月11日に公表した本人による長文のコメント。そこに記した「今後お仕事で派生するペナルティーは、覚悟してお受けいたします」がきっかけで、斉藤の出演CM企業や所属事務所にクレームが殺到している。

「長年イメージキャラクターを務めてきた美容液を販売する通販会社や、携帯電話会社、そして手話普及大使を務める神奈川県の保健福祉部のいずれも対応を検討中、もしくは契約自体を見直す方向に傾いています。本人は誠実な対応をしたつもりだったんでしょうが、あのよけいな一文が視聴者の感情を逆なでしたことは間違いありませんね」(スポーツ紙記者)

 “雉も鳴かずば撃たれまい”ではないが、無用な発言をしたばかりに、みずから災いを招いているとしか思えない。しかし心のどこかに奢りがあったことは否めないのではないか。

「不貞騒動で民進党を離党、政治生命の危機に立たされている山尾志桜里衆院議員も、宮崎謙介元衆院議員の不貞問題について痛烈に批判したくせに、みずからの不貞がバレて苦境に立たされています。お笑い芸人の宮迫博之も、レギュラーを務める『バイキング』(フジテレビ系)で、様々な芸能人の不貞報道についてコメントしていたのに自身の不貞が発覚。番組内謝罪の憂き目にあいました」(女性誌芸能デスク)

 こうした“ブーメラン現象の嵐”が吹き荒れたせいか、近頃ワイドショーでは、ある異変が起きているという。

「今まで正義を振りかざし、スキャンダルを散々批判していたタレントやコメンテイター達の発言が、妙に奥歯にモノが挟まったモノの言い方に変わってきているんです。そのコメンテイターこそ怪しい、というふうに見えるんです」(前出・女性誌芸能デスク)

 発言が妙におとなしくなったら、そのタレントの身辺を洗え、ということか。

(窪田史郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
警察出動!三浦友和・百恵夫妻が「右パンチに平手打ち」の大乱闘/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
新井恵理那、下半身もスゴイ!「“男好きボディ”を証明した」ピタピタ映像
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像