政治

天才テリー伊藤対談「上西小百合」(1)浦和の発言は素直にやりすぎました

●ゲスト:上西小百合(うえにし・さゆり) 1983年、大阪府生まれ。神戸女学院大学卒業。その後、日新火災海上保険などのOLを経て、2012年3月、「維新政治塾」に参加。同年12月、第46回衆議院議員総選挙に、大阪7区(吹田市・摂津市)から、「日本維新の会」公認で出馬。6万2856票を獲得するもトップから約7500票差の次点となり、比例代表で復活当選。14年12月、第47回衆議院議員総選挙に大阪7区から出馬、6万7719票を獲得するも再び次点となり、比例復活で2期目の当選。15年4月、「維新の会」より除名される。同年8月、半生や騒動について語り、撮り下ろし写真も掲載の自叙伝「小百合」発売。今年7月、浦和レッズ対ドルトムントの国際親善試合に「浦和酷い負けかた。親善試合は遊びなのかな」などとツイートして、炎上する騒ぎになった。

 日本維新の会を除名処分になったあともフォト自叙伝発売、テレビ、SNSでの歯に衣着せぬ発言などで注目される、“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆議院議員。天才テリーは、世間を騒がせた浦和レッズ問題、政治家への道のり、果ては恋愛問題まで徹底的に聞き出した!

テリー ちょっと前の話だけど、浦和(レッズ)との騒動の話から聞かせてよ。そもそも、何であんなことをSNSに書き込んじゃったの。

上西 その時は、ここまでの騒ぎになるとは思わなかったんです。

テリー それはどうかと思うよ。「親善試合は遊びなのか」なんて書いたら、絶対どこかから反発が出るに決まってるじゃない。それが予想できなかったとしたら、政治家としての予測能力がなさすぎるよ。

上西 でも、野球だったら何を書いたって、こんな騒動にならないですよね? 例えばスポーツ新聞が試合後に「○○、しっかりしろ!」みたいに選手を批評する記事を書いても苦情なんて来ないですし。

テリー ああ、言われてみれば確かにね。ということは、野球気分で書き込んじゃったんだ。

上西 そうなんです。

テリー とはいえ、「他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」って書いちゃうのはダメだね。スポーツが好きで応援している人って、多かれ少なかれ、チームや選手に自分の人生を託すわけじゃない? 俺だってそうだよ。若い時に目をケガして入院した時、「ここで長嶋(茂雄)が打ったら俺も頑張ってケガと戦う」みたいな感じで、心のよりどころにしてたんだから。

上西 それはわかりますよ。私も阪神ファンですし、サッカーも好きだし。ただ、あの時点では、まさに「この野郎、阪神弱いじゃないか」みたいな試合の感想を書いただけなんですよ。それに対して「殺すぞ」なんてリプライが来たら、その人に対しては言葉も強くなりますよ。

テリー じゃあ、その人だけに言えばいいんだよ。

上西 実際、あの言葉はその人に向けて書いたんですよ。それに対して「(思いを伝えるのに)5行ぐらい説明が足りない」とも言われたんですけれど、実は、わざとそこを省いたというところもあります。

テリー それは何で?

上西 もうその時点で、私の最初の発言がネットニュースになって、広がっちゃってたんです。だから、その反発に対しての対応を、ツイッターの中だけでやり取りしても、何の解決にもならないんです。一度ネットニュースやテレビで取り上げられた以上、ちゃんとそのあともフォローしてもらわないと困るので。

テリー ということは、わざと強い言葉を放つことで、そのあとの展開もニュースで取り上げられることを狙ったんだ?

上西 という部分はあります。その記事を見て、私がまだ変なことを言ってると思ったら、私のアカウントまで直接聞きに来てもらえればいい、と。

テリー なるほどね。今でも、あの発言は間違っていないと思ってるの?

上西 素直に「やりすぎてしまった」とは思っています。だからもうサッカーについては書きません。少なくとも、サッカーファンと野球ファンは違う、ということは理解しました。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ