スポーツ

なでしこ「美人トリオ」ピッチ外 SEXY秘話(2)高校時代から“男殺し”鮫島

 お次は、左サイドを内股気味の女の子走りで駆け上がる、サメアヤこと鮫島彩だ。
「なでしこ随一の巨乳の持ち主で、マスコミからは一番人気。取材時に、個人的にお土産まで渡すマスコミも出現しています。また、女の子走りで和装が似合いそうな雰囲気なので、マスコミの間では〝女将〟と呼ばれてます」(前出・スポーツ紙記者)
 まさに、熱烈な人気を獲得中のサメアヤだが、こんな一面も持ち合わせている。
「ファンやマスコミを決して無下にしない鮫島ですが、『彩ちゃ~ん』と親しげに呼んでくる熱烈な記者には時々、聞こえない振りをしてスルーして、あとで『あっ、スイマセン気がつきませんでした』なんて言っている時がある( 笑)」( 前出・スポーツカメラマン)
 う~む、このツンデレぶりは想像しただけでタマランが、彼女の人気ぶりは今に始まったことではないと話すのは、前出のスポーツ紙記者だ。
「女子高時代から、他高校にファンクラブがあったと聞きます。また、東京電力女子サッカー部時代には、同じチームに所属していた鮫島と丸山のファン同士がネット上で『チームの中心は鮫島だ』『いや、先輩の丸山だ』と言い争って大ゲンカしていました」
 高校時代は看護の道に進むことも考えていたという鮫島は、性格はどちらかというとオットリ型。しかし、今年に入り最も〝化けた〟一人だと、前出のサッカーライターは話す。 「2つのキッカケがあります。1つは、東電女子サッカー部で福島第一原発に勤務していた鮫島は、大震災を代表合宿の宮崎に向かう飛行機の中で知りました。結局、ドイツW杯まで、世間の風当たりもあり、東電サッカー部の合宿所には一度も戻れず、静岡の親戚宅に身を寄せ、人知れず自主トレをしていた」
 その中で、米国クラブへの移籍を決意したことが、2つ目だと続ける。
「米国チームでは、内向的では相手に意思が伝わらない。そこで、みずから主張するようになろうと、今では、澤にも自分の考えをぶつけるようになり、周囲もビックリしています」(前出・サッカーライター)
 逆境を跳ね返す。まさになでしこの象徴的美女だ。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!
4
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(3)酒井法子が住居を追い出された?
5
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!