社会

驚愕直言「あなたが知っている健康常識では早死にする!」(4)ラーメンの汁は飲み干せ!

── デタラメとする根拠を教えてください。

近藤 世界17カ国の約10万人を対象に行われた大規模調査の結果である「1日当たりの塩分摂取量と死亡のオッズ比」のグラフを見てください(週刊アサヒ芸能2017年10月5日号掲載)。調査は尿中の塩分排泄量(塩分摂取量とほぼ同じ)と死亡率(グラフでは、死亡しやすさの指標となる「オッズ比」で表現)の関係を追跡したものですが、14年に発表された結果を見ると、最も死亡率が低かったのは1日当たりの塩分摂取量が10~15グラムの人たちでした。そして、この最も長生きだった人たちの死亡率を1とした場合、1日当たりの塩分摂取量が10グラムを下回るあたりから死亡率は急激に上昇し始め、日本高血圧学会が「本当はずっと少なく」などといって推奨している「1日4グラム前後」に至っては、死亡率が「最高」になっているのです。

── なるほど。しかも、取りすぎより控えすぎのほうが死にやすいように見えます。

近藤 そのとおりです。だから、わざわざラーメンのスープを残す必要もないのです(笑)。ラーメン1杯に含まれる塩分はたかだか6グラム程度。仮に塩分を取りすぎてしまったとしても、体の欲するままに水を飲めば、余分な塩分は尿として自然排出されていきます。

── それでは逆に、「これだけはぜひすべき」と言える、健康長寿のための実践項目は何かありませんか。

近藤 BMI(肥満指数)のコントロールです。BMIは体重(キログラム)÷身長(メートル)÷身長(メートル)で求めることができ、日本肥満学会は男女ともBMI22を適正体重の中央値として推奨しています。ところが、日本で行われた大規模住民調査(男女合わせて35万人超)の結果を見ると、最も長生きできるBMIのゾーンは男性が25~27(中央値26)、女性が23~25(中央値24)となっています。さらに、例えば日本人男性の平均身長とされる167センチでBMI中央値を体重に置き換えてみると、日本肥満学会の61キログラムに対して大規模住民調査は72キログラムと、最適とされる体重には実に11キログラムもの差があるのです。

── 体重が11キログラムも違えばまったくの別人ですねぇ。

近藤 要するに、日本肥満学会が推奨するBMI22は「実は痩せすぎ」であり、女性の場合は「ちょっと太め」、男性の場合は「もうちょっと太め」が最も長生きということです。さらに肝心なことは、BMIが大規模住民調査の示す適正体重の中央値前後にあれば、血圧や悪玉コレステロール値などのその他の数値は気にしなくてもいい、という点です。先ほども指摘したように、人間の体には自然調節機能があり、最適なBMIに応じて血圧なども調整されるからです。

── ということは、健診の結果通知書で「優良」の評価が出た人はむしろ「危ない」のでは‥‥。

近藤 各関連学会が定める基準値は恣意的に低めに設定されているため、全ての検査値が基準値の範囲内に収まる人のほうが、死亡率は若干高くなるでしょう。ただし、BMIさえ最適な中央値前後にあれば、あとは体が自然に調節してくれるので、検査値を気にする必要はありません。詰まるところ、健康長寿のためには、自分の身長さえ知っていれば、あとは体重計ひとつで十分ということです。

※「オッズ比」とは、ある事象の起こりやすさを2つの群で比較して示す統計学的な尺度。「オッズ比が高いほうが死亡する可能性が高い」という関係がある。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
4
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪