スポーツ

2012プロ野球 A級戦犯、広島・堂林、オリックス・後藤

 負け試合での三振と併殺、そして4タコ‥‥。その記録は、チームとファンをガッカリさせた回数でもある。本誌集計によるワースト打者はこの男たちだ!

 まずはチームが負けた試合に喫した三振数を見てみよう。今シーズン、両リーグ最多、断トツの150三振を記録したのは、広島の堂林。負け試合でも91個の三振を重ね、2位のペーニャに27個もの差をつけている。

「将来に向けて育てようと我慢して使い続けたわけですが、堂林に固執しすぎたばかりに、広島はBクラスに終わってしまった。堂林はチャンスでの三振も多すぎましたからね。これだけ三振をするなら、打率3割、もしくはホームランを30本打たないといけない。育成の名目がなければ、とっくにレギュラーから外されていますよ」(江本氏)

 将来性に期待しつつ、伊原氏も堂林に厳しい目を向けている。

「来季も同じ成績であれば間違いなくレギュラーを剥奪されます。チャンスで打てなかっただけでなく、29個のエラーでチームに迷惑をかけましたからね。このオフの間、どれだけ飛躍できるかにかかっているのではないでしょうか」

 優勝した日本ハムから、陽岱鋼(ようだいかん)がランクインという、意外な結果も出ている。この点について、広澤氏に解説してもらおう。

「日本ハムは勝ち試合が多かった。その中で陽がランクインしているということは、陽が打てない試合は負けが多かったということ。逆に言えば、陽が打てばチームは勝つ。確かに三振は多かったけど、チームへの貢献度は高かったと見るべきです」

 続いて負け試合の併殺数だが、両リーグトップの併殺数を記録しているDeNA・ラミレスの名前がない。つまり、勝ち試合での併殺が多いということになる。ラミレスの併殺は、チームに悪影響を与えていないようだ。

 併殺の多い阪神・新井貴浩もランクインしていない。新井の場合、勝ち試合、引き分けの試合でもまんべんなくゲッツーを食らっている(笑)。負け試合限定でのランク入りは免れた格好だ。

 ランキングを見てみると、各チームのレギュラーが名を連ねている。試合に出る機会が多い分、不名誉な記録を残すリスクも高まるということか。

「名前の出ている選手全てに言えることですが、みんな足が遅いですよね(苦笑)」(広澤氏)

 中には、かつて俊足として鳴らした選手もいる。鈍足となってしまったのは、年齢的な衰えといって差し支えないだろう。

 チームに迷惑をかけるという意味では、4タコの数も見過ごすことはできない。最多はオリックス・後藤の32回。2タコ、3タコを含めれば、ノーヒットの試合はかなりの数に上る。

「後藤の特徴は早打ちなのですが、調子の悪い時は厳しいボールにもあっさりと手を出してしまう。これでは4タコが多くなるのも当然です。これだけ4タコを記録しても使われるのは、代わりとなる選手がいないということ。オリックスの台所事情の厳しさを反映していると思います」(伊原氏)

 ランクインしたのは、やはりレギュラー選手ばかり。このような数字を残してもレギュラーを外されなかったのは、それなりの理由があるようだ。広澤氏はこう解説する。

「代打を送られている選手と違って、ここでランクインしている選手はチームからの信頼がある。4タコが多くなったのは、それだけ信頼されて送り出された証しでもあります。そして、以前は打てていたバッターでもある。実績のある選手ばかりなので、簡単に見切ることはできないですよ」

 4タコが多くとも、中田のように優勝に貢献した選手もいる。不名誉な記録を劇的な一打で払拭できるのも、プロ野球の魅力と言えるだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
2
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
3
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
4
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白