芸能

「お笑いコンテスト上位」から転落人生を送ったあの芸人たちは今!

 その斬新なギャグが是非を巡って議論を呼んだかと思えば、突如、交際宣言。先日のコント日本一決定戦「キングオブコント」で準優勝した男女コンビ・にゃんこスターは、優勝したかまいたちが霞むほどいまだに話題を提供中だ。それだけ、上位に食い込めばかなりの確率でブレイク必至の「キングオブ──」などお笑いのメジャーコンテストだが、一方で、好成績を残したにもかかわらず、その後、坂を転がるように転落していく芸人がいる。

 漫才日本一決定戦「M-1グランプリ」第3回(2003年)大会のファイナリスト、元りあるキッズ・長田融季がその典型例だ。

 彼と元相方の安田善紀は小学生の時、「輝く日本の星!」(TBS系)というオーディション番組に合格して、「次代のダウンタウン」として将来を期待される芸人に。18歳でM-1決勝戦に進出したこともある。その大会史上最年少記録は、今も破られていない。それほどの芸人だったが、みるみる転落していった。

「小学生で芸人になったため、悪い遊びを覚えるのも早く、競艇や闇カジノ、キャバクラや飲酒、女遊びと放蕩癖がつき、先輩にもタメ口。小学5年生の時にナンパして交際した7歳年上の女性と後にデキ婚しました。ところが、芸人から借金をしまくっていたため、人間関係が悪化し、裏社会の人間と接触。結果、トラブルが絶えなくなり、14年に所属事務所を解雇されています」(エンタメ誌ライター)

 M-1と並ぶメジャーコンテストである前述の「キングオブ──」では、10年の優勝者・キングオブコメディ・高橋健一が、15年、女子高生の制服を窃盗、建造物侵入の容疑で逮捕。所属事務所から契約解除された。

「ピン芸人日本一を決める『R-1ぐらんぷり』では、09年の覇者である中山功太が、元キャバ嬢から提訴されたことを『週刊新潮』が報じました。彼は、優勝直後に地元・関西の舞台が入っていたことを理由に、東京進出が1年遅れ、これが仇となって週5でバイト、改名、ホスト転向など、いろんな手を尽くしましたが、すべて失敗。肉体関係にあった女性に暴行を働いたとして損害賠償を請求されているそうです」(前出・エンタメ誌ライター)

 解雇、逮捕、提訴──一度はまぶしいスポットライトを浴びただけに、その転落に至る暗転ぶりはより際立って見えるのだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
4
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(1)期待されていた有働由美子だったが…