芸能

「殺せ」を連呼!長谷川豊“暴言路線”回帰の思惑とは?

 10月の衆院選に日本維新の会公認で出馬したものの落選したフリーアナウンサーの長谷川豊。今年2月に政界進出を発表した長谷川は、選挙に向けて以前の“暴言路線”を封印し、昨年9月に炎上し、レギュラー番組を失うきっかけとなった「透析患者殺せ発言」を謝罪し、真意とは異なる受け止められ方をしたと弁明した。

 そんな長谷川が、選挙での落選を経て、再び“暴言路線”に回帰しているのだ。11月10日、ネット生番組の「激論!長谷川豊の本気論、本音論TV」に出演した際の発言。

 少子化対策について語る中「30歳なのに5年6年付き合っている女性のことを延々ほったらかしている男ども。全員死刑だよ!殺せそんな奴ら!」とヒートアップ。自身の代名詞的セリフである「殺せ!」を連呼した。

 また、“W不貞疑惑”の山尾志桜里議員についても、少子化に関する持論と結びつけながら完璧に頭がおかしくなっていると言い放ったり、「クルクルパー」と暴言連発。かつての“暴言路線”を完全復活させた長谷川だが、その思惑は──。

 同番組での長谷川について「テレビ業界に向けた売り込みの側面もあるのでしょうが、日本の抱える課題に暴言を念入りに絡めていて、今後も政治活動を続ける意思を感じましたね」と語るのはフリージャーナリストだ。続けてもらおう。

「彼が政界を目指すにあたって最も避けたいのは『忘れられること』。極論と暴言を投げかけて、ひたすら注目を集めるのが“選挙モード”後の活動と割り切っているのだと思います」

 ふたたび“暴言モード”に入った長谷川豊。「殺せ!」の連呼が国民の心を揺さぶるか、はなはだ疑問である。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス