スポーツ

貴乃花親方「第二相撲協会」クーデター構想(2)不祥事続きでひそかに思案

 そこで再燃するのが「第二相撲協会」設立のクーデター構想だ。さる相撲ジャーナリストが明かす。

「貴乃花親方の実父である貴ノ花も、かつて大物力士から八百長を強要された時、許さなかったという逸話があるほど。その覚悟のほどはすごいですよ。貴乃花親方はその父親の遺志を引き継いでいて、ライフワークとして『不正疑惑』の一掃を掲げています。かつて10年の野球賭博問題、11年の八百長問題と不祥事が続きましたが、同時に相撲協会の隠蔽体質が浮き彫りになった。その際に、権勢を誇っていた貴乃花親方がひそかに思案していたのが、第二相撲協会構想です。中でも史上2番目の若さで審判部長を務めていた11年春の技量審査場所では、無気力相撲に目を光らせる一方、放駒理事長(当時)が角界浄化の手綱を緩めたらすぐにでも貴乃花一門を率いて『第二相撲協会』を立ち上げる動きがあったといいます。つまり八百長疑惑が向けられた勢力を一掃して、ガチンコ相撲を標榜する協会に生まれ変わるというプランだったようで、若手親方の賛同も得られると腹づもりもあったようです」

 今回の「お断り宣言」も、こうしたことを背景に、事件をウヤムヤにされることを恐れてのものだったのだ。

 だが、この「第二相撲協会設立」は放駒理事長の角界浄化の尽力もあり、一度は沈静化。その後、貴乃花親方は、後ろ盾である北の湖親方が理事長を引き継ぐや、相撲協会の悲願だった公益法人化に奔走。14年1月に正式に認可されると、貴乃花親方はコンプライアンス重視と伝統回帰の姿勢を打ち出し、一部では「次期理事長」との声すら上がるようになっていった。ところが、15年12月にガンで闘病中だった北の湖理事長が急逝。その後は徐々に角界で孤立するようになっていったという。

「さらに貴乃花親方と相撲協会の対立に拍車をかけたのが、北の湖理事長の後援会の関係者だったK氏の存在です。K氏は北の湖理事長の死後、僧侶の池口恵観氏の紹介で貴乃花親方のブレーンとなり現在に至っている。16年の理事長選では、貴乃花の金庫番と言われるほどの資金力を誇る一方で、アンチ八角の急先鋒として暗躍しました。これが、今も尾を引いています」(角界関係者)

 しかも、今回の騒動が巡業先でのトラブルだっただけに、被害者側の親方とはいえ、貴乃花親方の協会内での立場はますます危ういものになりそうなのだ。

「すでに執行部からも『冬巡業から貴乃花親方を外せ』という声も上がっているほど。さらには、日馬富士の師匠である伊勢ケ浜親方との関係も最悪ですし、貴乃花一派と言われていた阿武松親方や山響親方も距離を置き始めている。もはや孤立無援状態で、来春の理事長選はおろか、理事すら落ちる可能性もあります。たとえ日馬富士を逮捕・引退に追い込んだとしても何もいいことはありませんよ」(スポーツ紙相撲担当記者)

 かつては、親方衆の支持を集め、ガチンコ相撲再興を掲げていた貴乃花親方。嫌悪するモンゴル互助会、ひいては相撲協会を敵に回して、「第二相撲協会」設立でしか金星をあげることができないのだろうか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
2
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
3
厚切りジェイソンも絶賛! 小峠英二、下積み時代に支援してくれた「先輩芸人」
4
「Gバスト」寺本莉緒のカレンダーに「ハライチ岩井がうらやましい」嫉妬の嵐!
5
剛力彩芽、旅の宿で「あわや放送事故」な“ショーパン奥見え”で好感度急騰!