エンタメ

加藤一二三、リリースした“本人名言”カレンダーで「一番好きな言葉」とは?

 藤井聡太四段の活躍により、「将棋ブーム」に沸いた2017年。その流行に乗り、将棋界で最もブレイクしたのが、今年6月に現役最年長棋士として77歳で引退した「ひふみん」こと加藤一二三九段だ。

「バラエティにもたびたび登場し、9月に放送された『アウト×デラックスSP』(フジテレビ系)では、番組企画で古坂大魔王プロデュースの『ひふみんアイ』で歌手デビュー。NTTドコモのCM『会長編』にも出演するなど、様々なメディアで大きな注目を集めました」(エンタメ誌ライター)

 その功績が称えられ、12月1日に発表された「2017 ユーキャン新語・流行語大賞」において、愛称の“ひふみん”が、ブルゾンちえみの“35億”や個人消費喚起キャンペーンで打ち出された“プレミアムフライデー”などと並びトップテン入りの快挙。さらに6日には、世の中に明るい話題を提供した人物に贈られる「ゆうもあ大賞」も受賞した林家たい平、梅澤富美男らとともに受賞した。

「加藤九段は3日に都内で行われた『加藤一二三 日めくりカレンダー よろこんでいきる まいにちひふみん』の発売記念イベントに出席。その席で、流行語大賞にトップテン入りしたことについて『本当に素朴に嬉しいです』と喜びを口にしていましたね」(スポーツ紙記者)

 この「加藤一二三 日めくりカレンダー よろこんでいきる まいにちひふみん」だが、こちらもまたネットで今大きな話題を呼んでいる。ひふみんの愛らしい姿やりりしい姿とともに、含蓄のある言葉が日めくりカレンダーに散りばめられ、そのほっこりした内容に“癒やされる”と評判を呼んでいるという。

 Twitterでも「ひふみんカレンダー欲しい!!」「ひふみんのカレンダー超欲しい」など大反響、中には「ひふみんのカレンダー欲しいんやけど本屋さん売り切れだった。クソ人気」と売り切れを嘆くファンの声も数多く聞かれる。

「中でも本人が一番好きな言葉には、『人生で一番幸せな瞬間は、これからやってくる』をあげています。胆石性急性胆のう炎の手術から復活して、1カ月。松岡修造の日めくりカレンダー『まいにち、修造!』に迫る人気ぶりです。売り上げにも期待がかかります」(前出・エンタメ誌ライター)

 プロ棋士を引退した加藤だが、2018年も“ひふみんブーム”はまだまだ続きそうだ。

(窪田史郎)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス