エンタメ

加藤一二三、リリースした“本人名言”カレンダーで「一番好きな言葉」とは?

 藤井聡太四段の活躍により、「将棋ブーム」に沸いた2017年。その流行に乗り、将棋界で最もブレイクしたのが、今年6月に現役最年長棋士として77歳で引退した「ひふみん」こと加藤一二三九段だ。

「バラエティにもたびたび登場し、9月に放送された『アウト×デラックスSP』(フジテレビ系)では、番組企画で古坂大魔王プロデュースの『ひふみんアイ』で歌手デビュー。NTTドコモのCM『会長編』にも出演するなど、様々なメディアで大きな注目を集めました」(エンタメ誌ライター)

 その功績が称えられ、12月1日に発表された「2017 ユーキャン新語・流行語大賞」において、愛称の“ひふみん”が、ブルゾンちえみの“35億”や個人消費喚起キャンペーンで打ち出された“プレミアムフライデー”などと並びトップテン入りの快挙。さらに6日には、世の中に明るい話題を提供した人物に贈られる「ゆうもあ大賞」も受賞した林家たい平、梅澤富美男らとともに受賞した。

「加藤九段は3日に都内で行われた『加藤一二三 日めくりカレンダー よろこんでいきる まいにちひふみん』の発売記念イベントに出席。その席で、流行語大賞にトップテン入りしたことについて『本当に素朴に嬉しいです』と喜びを口にしていましたね」(スポーツ紙記者)

 この「加藤一二三 日めくりカレンダー よろこんでいきる まいにちひふみん」だが、こちらもまたネットで今大きな話題を呼んでいる。ひふみんの愛らしい姿やりりしい姿とともに、含蓄のある言葉が日めくりカレンダーに散りばめられ、そのほっこりした内容に“癒やされる”と評判を呼んでいるという。

 Twitterでも「ひふみんカレンダー欲しい!!」「ひふみんのカレンダー超欲しい」など大反響、中には「ひふみんのカレンダー欲しいんやけど本屋さん売り切れだった。クソ人気」と売り切れを嘆くファンの声も数多く聞かれる。

「中でも本人が一番好きな言葉には、『人生で一番幸せな瞬間は、これからやってくる』をあげています。胆石性急性胆のう炎の手術から復活して、1カ月。松岡修造の日めくりカレンダー『まいにち、修造!』に迫る人気ぶりです。売り上げにも期待がかかります」(前出・エンタメ誌ライター)

 プロ棋士を引退した加藤だが、2018年も“ひふみんブーム”はまだまだ続きそうだ。

(窪田史郎)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策