エンタメ

加藤一二三、リリースした“本人名言”カレンダーで「一番好きな言葉」とは?

 藤井聡太四段の活躍により、「将棋ブーム」に沸いた2017年。その流行に乗り、将棋界で最もブレイクしたのが、今年6月に現役最年長棋士として77歳で引退した「ひふみん」こと加藤一二三九段だ。

「バラエティにもたびたび登場し、9月に放送された『アウト×デラックスSP』(フジテレビ系)では、番組企画で古坂大魔王プロデュースの『ひふみんアイ』で歌手デビュー。NTTドコモのCM『会長編』にも出演するなど、様々なメディアで大きな注目を集めました」(エンタメ誌ライター)

 その功績が称えられ、12月1日に発表された「2017 ユーキャン新語・流行語大賞」において、愛称の“ひふみん”が、ブルゾンちえみの“35億”や個人消費喚起キャンペーンで打ち出された“プレミアムフライデー”などと並びトップテン入りの快挙。さらに6日には、世の中に明るい話題を提供した人物に贈られる「ゆうもあ大賞」も受賞した林家たい平、梅澤富美男らとともに受賞した。

「加藤九段は3日に都内で行われた『加藤一二三 日めくりカレンダー よろこんでいきる まいにちひふみん』の発売記念イベントに出席。その席で、流行語大賞にトップテン入りしたことについて『本当に素朴に嬉しいです』と喜びを口にしていましたね」(スポーツ紙記者)

 この「加藤一二三 日めくりカレンダー よろこんでいきる まいにちひふみん」だが、こちらもまたネットで今大きな話題を呼んでいる。ひふみんの愛らしい姿やりりしい姿とともに、含蓄のある言葉が日めくりカレンダーに散りばめられ、そのほっこりした内容に“癒やされる”と評判を呼んでいるという。

 Twitterでも「ひふみんカレンダー欲しい!!」「ひふみんのカレンダー超欲しい」など大反響、中には「ひふみんのカレンダー欲しいんやけど本屋さん売り切れだった。クソ人気」と売り切れを嘆くファンの声も数多く聞かれる。

「中でも本人が一番好きな言葉には、『人生で一番幸せな瞬間は、これからやってくる』をあげています。胆石性急性胆のう炎の手術から復活して、1カ月。松岡修造の日めくりカレンダー『まいにち、修造!』に迫る人気ぶりです。売り上げにも期待がかかります」(前出・エンタメ誌ライター)

 プロ棋士を引退した加藤だが、2018年も“ひふみんブーム”はまだまだ続きそうだ。

(窪田史郎)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!