女子アナ

あの「局内不貞」テレ朝・田中萌が今年再ブレイクする「これだけの兆し」

 2017年末に発表された第14回「好きな女性ランキング」(ORICON NEWS)では、日本テレビの水卜麻美アナが5年連続でトップに輝き、その人気の高さを改めて印象付けた。

「女子アナの人気は視聴率に直結します。『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)から水卜アナは『スッキリ』(同)に異動しましたが、水卜アナの出演初日から視聴率は上昇し“水卜効果”ともいわれました」(テレビ誌記者)

 テレビ局としては人気アナを育てたいところだが、ランキングのトップ10を見ると、テレビ朝日は大下容子アナの1人、TBSに至ってはゼロだ。

「しかし産休・育休に入ってはしまいますが、TBSには吉田明世アナが看板アナとして育ってきていますし、育休中の加藤シルビアと林みなほの両アナが復帰すれば、活躍が大いに期待できます。心配なのはテレ朝です。情報番組からバラエティまで幅広くこなせるベテランの大下容子アナが3位に入りましたが、局としては若手や中堅の中から“ポスト大下アナ”が台頭してくることを待ち望んでいるはずです」(前出・テレビ誌記者)

 テレ朝の中堅どころのエースといえば、竹内由恵アナ。順当に行けば真の看板アナに育ちそうだが、17年9月6日発売の「週刊ポスト」は竹内の座を脅かすのが田中萌アナではないかと報じた。要約すると、竹内はプロバスケットボールの田臥勇太との熱愛が報じられ、結婚・引退の可能性が出てきた。田中アナは16年12月に同僚アナとの不貞が明るみに出たが、3カ月間の自宅謹慎の後、夜のバラエティ番組「バクモン学園」で復帰。不貞騒動明けにもかかわらず、艶ネタもお構いなしの対応に器の大きさを感じさせたという。

 謹慎前は情報番組「グッド!モーニング」でサブキャスターを務めており、アナウンス力にも定評があった。そのうえ夜のバラエティもこなせるとあれば、「ポスト大下アナ」も夢ではないかもしれない。そのうえ、バックも強力だという。

「17年1月に発売された『週刊ポスト』では、田中はテレ朝会長から寵愛されているため、不貞騒動後の復帰も早かったと報じられています。上層部がバックにいる田中は今後、そうした層からの“推し”もあって、活躍の幅が広がってくる可能性があります」(前出・テレビ誌記者)

 今年末のランキングトップ10は、田中がダークホース的な存在になるかもしれない!?

(石田英明)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!