芸能

米倉涼子「ドクターX」有終の美でも「私生活を充実させたい」で続編拒否

 米倉涼子(42)が孤高の天才外科医を演じる「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の最終回が去る12月14日に放送され、25.3%の高視聴率をマークして有終の美を飾った。

「ドラマのラストでは、キューバで再起する大門の姿が描かれ、視聴者からは『次はいつ?』などと続編に関する問い合わせが殺到しました。ただ、米倉本人は役のイメージが定着して、新しい作品にチャレンジしづらくなることを危惧して、しばらく続編は控えたい意向なんです」(テレ朝関係者)

 12年にシリーズ第1作が放送された同ドラマは、米倉の代表作だけに、「続編拒否」とはにわかに信じがたいが‥‥。

「役に縛られることを嫌っただけでなく、心身ともに疲れているようです。ドラマでは『私、失敗しないので』が決めゼリフですが、米倉本人も常に完璧を求めるタイプ。撮影期間中は100グラム単位で体重に気を配り、大好きなお酒もほとんど口にしません」(前出・テレ朝関係者)

 疲弊の大きな原因は私生活にあるという。女性誌記者が明かす。

「14年12月に一般男性と結婚した米倉は、翌年の『ドクターX』への出演を見合わせています。その時は子作りを見越して、早い段階から断りを入れていましたが、結果的には元夫のパワハラに悩まされ、16年末に離婚。『ドクターX』の続編をはじめ、18年に大きな仕事を入れないのは“離婚疲れ”を癒やすためで、『私生活を充実させたい』という本人の意思を尊重した結果でしょう」

 所属する事務所では、上戸彩(32)が一児の母となり、17年9月に結婚を発表した武井咲(24)が産休に入っている。

「後輩がプライベートを充実させていく中で、米倉も『休みが欲しい‥‥』とこぼすことが増え、事務所サイドも容認するしかなかったのです」(芸能関係者)

 とはいえ、「ドクターX」はテレ朝の看板ドラマ。18年に最新作が放送できないのは痛手のはずだが、

「“失敗できない”のは制作サイドも同じ。毎回、豪華キャストをそろえ、PRにも大金をつぎ込むため、出ていくお金も多い。実は収支の面で考えると、それほどうまみはないんです。もちろん、局のイメージアップなど、数字に表れない部分もありますが‥‥」(前出・テレ朝関係者)

 続編再開には大胆な“オペ”が必要なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?
5
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!