芸能

紅白“不振”の裏でテレ東「ド演歌番組」が大躍進したワケ

 昨年、大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」の視聴率は、第1部が35.8%、第2部が39.4%と振るわず、2部制となった1989年以降でワースト3位となる数字となってしまった。

 裏番組では日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しSP絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」が第1部17.3%、第2部16.3%と相変わらず強かったが、民放で2位となったのはテレビ東京の「第50回年忘れにっぽんの歌」で8.4%を獲得した。

「北島三郎や細川たかし、小林幸子さん、美川憲一と、中高年に向けた“ド演歌”ラインナップでした。派手な番宣をしているわけでもないし予算もあるわけではないが、日本の名曲を堪能できる番組として満足度も高かったようです。テレビ東京の番組を放映していない地方も多いことから『おじいちゃんやおばあちゃんに見せてあげたかったな』という切実な声も多く聞かれました。対して紅白は、中高年よりも若者の視聴者にアピールしたラインナップ。中高年にとっては馴染みの薄い歌手ばかりで、『紅白で初めて名前を聞いた歌手も多い』という年配の方の意見も目立ちます」(テレビ誌ライター)

 65歳以上の人口は平成29年でおよそ28%。これはテレビに最も親しみを持っている世代と言われており、今後、紅白が視聴率を獲得するなら、ここを獲得するのが重要になりそうだ。

「ただ、将来の視聴者にアピールすることは必要不可欠。NHKの路線は間違っていないとも言えます」(テレビ誌記者)

 若い世代を「紅白離れ」「テレビ離れ」させないために若者の要望に沿った番組を作ることが大切なのだという。とはいえ、紅白が年末に様々な世代で楽しめる番組でなくなってしまったことは寂しい限り。今年の大みそかはテレ東がますます躍進しそうだ。

(笠松和美)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
4
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…