政治

2018年がわかる「激動の核心」<国際紛争>(2)米中衝突の可能性すらある

 金正恩氏が暴走する近未来がこうも予測されるのであれば、やはり気になるのは、米朝軍事衝突の可能性である。

 なんと韓国・国家情報院の関係者は最近、取材にこう証言したのだ。

「3月の平昌五輪後に米朝が武力衝突するとの見方がある。というのも、米国はもうあまり時間がないと考えているからだ」

 事態は切迫しているというわけである。

 ジョージタウン大学の安全保障専門家であるオリアナ・スカイラー・マストロ教授は、アメリカと北朝鮮の衝突が避けられない状況になった場合の最悪シナリオすら指摘している。

「中国は戦後のことを見据えて躊躇することなく北朝鮮に軍を送り込む。そうなれば、北朝鮮を掌握するために、米中が衝突する可能性も考えられる」

 ところで、一度冷静になると、米国は18年の国内情勢を鑑みて、北朝鮮情勢にどこまで足を突っ込むことができるのだろうか。というのも、アメリカは11月に重要な中間選挙を控えているからだ。現在、与党・共和党が過半数を占める下院は全ての議席が改選、かろうじて過半数を占めている上院も一部が改選される。

 山田氏が解説する。

「これはトランプ大統領のその後の政権運営を左右する重要な選挙ですが、現状で分析すれば、野党の民主党が上下院とで過半数を得るのは難しそうです。というのも、州単位で見ると、16年の選挙同様、今も共和党への支持が多いからです。そうなれば、トランプ大統領がさらに自信を深め、北朝鮮問題をはじめ、独自路線でアメリカを牽引することになるでしょう」

 もしトランプ大統領が議会を引き続き支配し、ずっと悩まされ続けている「ロシア疑惑」が下火になれば、話題作りで支持を獲得してきた大統領が突飛な動きをする危険性はある。北朝鮮との緊張関係をさらにあおるかもしれず、それが引き返せない軍事衝突につながっていく──。

 ちなみに、トランプ大統領誕生とイギリスのEU離脱を、下馬評に反して予測したイギリス人占い師クレイグ・ハミルトン・パーカー氏はこう予測している。

「恐らく18年1月中には、北朝鮮の金正恩は失脚するでしょう。ただ理由は米朝戦争ではなく、国民に引きずり降ろされることになりそうです」

 いずれにせよ、激動の国際情勢となりそうだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意