政治

2018年がわかる「激動の核心」<国際紛争>(1)最も注意すべき北朝鮮の脅威とは?

 18年もやはり国際ニュースの主役となるのは、アメリカと北朝鮮であり、ドナルド・トランプ大統領(71)と金正恩朝鮮労働党委員長(34)になるだろう。

 北朝鮮の脅威、核・ミサイル開発は18年も進展する。防衛省関係者が言う。

「7回目の核実験と、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)の発射が遅れていますが、18年に実施される可能性は高いでしょう。太平洋上での水素爆弾実験を強行する可能性も十分にあり、警戒を続けている」

 こうした北朝鮮の動きは米政府を刺激する。国連や日米などは最近、北朝鮮に対する制裁措置を強化。国連安全保障理事会は昨年末、北朝鮮向けの石油精製品の輸出を9割削減する追加制裁決議を採択したばかりだ。

「ただし、締めつけがさらに強まっていく18年に、北朝鮮が暴発するおそれが高まる」(前出・防衛省関係者)

 まして、18年に世界が直面する北朝鮮の脅威は核・ミサイル問題だけではないのだ。国際ジャーナリストの山田敏弘氏は、むしろ他の脅威が日米韓に直接的な被害をもたらす可能性があると指摘する。

「最も現実的な脅威として警戒が必要なのはサイバー攻撃です。すでに世界中で金融機関を狙った大規模なサイバー攻撃や、ランサムウェアによる攻撃を成功させ、年間10億ドルと言われる金を稼いでいます。制裁強化に対する復讐で、こうした攻撃は増えるでしょう。金正恩の斬首作戦計画をまとめた『作戦計画5015』など韓国軍の機密情報などを盗み出すことにも成功していますが、今年はより外的ダメージの大きいサイバー破壊工作に移るとも見られています」

 さる米国防総省の元高官がその脅威を語る。

「真冬に氷点下となる地域の発電所や電力網をサイバー攻撃して、何日間も停電を続けたら、その人的被害は、局地的な攻撃となるミサイルでの爆撃よりも大きくなる可能性があります。すでに世界各地でサイバー攻撃による大規模停電などが起きており、北朝鮮もそれを実行する能力は十分にあると考えていい」

 また、追い詰められた北朝鮮が生物化学兵器や「核背嚢」による攻撃に出ることも予想されている。

「韓国の国家情報院は、北朝鮮が生物化学兵器を武器化し、天然痘や炭疽菌を使う可能性が高いと見ています。最近話題になっている漂流船で工作員が日本に上陸し、人が密集する都市部や水道施設などに病原体をバラまくというシナリオも考えられる。核背嚢は『リュックサック放射能兵器』と呼ばれており、すでに北朝鮮の軍事パレードでもお披露目されています。金正恩が開発を急がせている兵器で、リュックから放射性物質がバラまかれるというものです」(前出・山田氏)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
3
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
4
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
5
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”