芸能

松本潤「東京フレンドパーク」で見せた“難癖をつける声”まで出た勝負強さ

 1月8日放送のバラエティー特番「関口宏の東京フレンドパーク2018新春ドラマ大集合SP!!」(TBS系)に、嵐の松本潤が出演。圧倒的な勝負強さを見せ、話題となっている。同番組では、松本主演「99.9-刑事専門弁護士-SEASONII」、吉岡里帆主演「きみが心に棲みついた」、石原さとみ主演「アンナチュラル」などTBS1月クールの連続ドラマ出演者による番組対抗ゲームが行われた。

「昨年、4年連続視聴率三冠王を成し遂げた日本テレビに追いつけ追い越せなのがTBS。2017年年間視聴率で、10年ぶりにG帯(19時~22時)で民放2位(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をゲットしました。まさにイケイケドンドン状態。高視聴率の牽引役となった連続ドラマに関しては、金も時間もパワーも大量投下されています」(テレビ誌記者)

 中でも一番の高視聴率が期待されているのが、松本主演作。前作の高評価と高数字を受けての第2シリーズ放送となったからだが、久々の「当たり役」に巡りあった松本の力の入れようは半端ではなく、撮影開始前に役者だけ招集して台本の読み合わせを行うなど、全力投球ぶりが聞こえてくるほどだ。ゲームは、勢いに乗る松本が大活躍し、チームを優勝に導いた。その後行われたダーツゲームでも、カリスマパワーを発揮した。

「松本は熱望していた松阪牛のシャトーブリアンを真っ先にゲットし、その後ドラマのヒロイン役を務める木村文乃がリクエストしたiMacも獲得。さすが見せ場をムダにせず、期待に応えるジャニーズアイドルですよ。その胸のすくような大活躍に共演者からは『スターの度が過ぎる』という声があがったり、ネット上のファンから絶賛の声があがりました。一方、TBSの“忖度”まで感じ取った人も少なくなかったようです。実際、ドラマの打ち上げパーティーや制作会社の忘年会などで、日頃お世話になった功労者に豪華景品が当たるように細工するのは、常識。主演俳優に気持ちよく仕事してもらい、所属事務所への自然なゴマすりを演出できるため、欠かせない演出となっていますからね」(芸能ライター)

 まあ、そんな難癖をつける声まで出るほど、みごとすぎる勝ちっぷりだったということか。そんな活躍ぶりへの注目も手伝ってか、「99.9」の初回の平均視聴率は15.1%の好発進となったのである。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
5
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス