スポーツ

「普通にやってほしい」西武・秋山翔吾が芸能人による始球式にガチクレーム!

 マジメな性格ゆえに容赦なしの本音が飛び出してしまったようだ。

 埼玉西武ライオンズの秋山翔吾が、去る1月13日放送のバラエティ番組「ジョブチューン」(TBS系)にゲスト出演。タレントによる始球式について、バッター側の本音を激白した。

 この日は「新年恒例!プロ野球オールスターぶっちゃけ祭!」と題して、秋山をはじめ、各球団の有名選手が数多く出演。そこへ昨年始球式でマウンドに立ったという女優の木村文乃が「選手の皆さんは芸能人が始球式やるのをどう思ってらっしゃるのですか?」と、秋山に質問。すると、秋山は「キレイな方がやって下さるのはありがたいんですけど…」と社交辞令を入れつつも、「正直、普通にやってほしいです」と真剣に訴えていた。続けて、秋山は「ボク、1番バッターで集中して(バッターボックスに)入っている時に、(始球式をするタレントが)首振ったり、けん制(球)を入れたり。長い時があって、こっちの駆け引きやってる場合じゃないんで」と、ガチなコメントを披露。話す表情がまた、今までぶつけようがなかった始球式へのイライラをぶつけるように険しい顔で語っていたため、共演者からは「怖いよ」という声まで上がったのだ。

 その後、番組では芸能人による過去の始球式のVTRを放送。スタジオにもいたバナナマン・日村勇紀が、始球式のマウンドで、ロジンバッグの粉を顔につけたりというボケをして横にいた審判に早く投げるように促されていた始球式映像が流れると、秋山は「審判が(マウンドの)横にいる時はマジで早くやった方がいい」と、ここぞとばかりにクレームをぶつけた。

「まあ、タレントというか芸人の始球式に不満があるということですね。きっと秋山以外の1番バッターでも同様のことを思っている選手は多いのではないでしょうか。しかも秋山の場合は、17年シーズンに初の首位打者に輝き、15年はプロ野球シーズン最多安打記録の216安打を放つなど、球界屈指の安打製造機です。だからこそ、やはり1打席、1打席が勝負で、始球式で集中力を奪われたくないという気持ちは本当でしょう。1打席目からリズムを作っていきたいでしょうから。今回、秋山が真剣にクレームを入れたことは芸人達にも間違いなく響いたでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 ただ、ライトな野球ファンであれば、芸能人の始球式も野球観戦の醍醐味として考えている人も多いはず。そうなると、オモシロ始球式が減ることも寂しい話。また、芸人なのに俳優やアイドルと何ら変わりなく普通に投球するというのもオファーした球団側としてもやや拍子抜けな感じも…。中途半端にふざけるのもスベる可能性を高め、芸人としては悩ましいところ。とりあえずは、秋山がバッターの時にはふざけて投げるのはやめておいた方がよさそうだ。

(本多ヒロシ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡副麻希を圧倒!田中理恵が見せた“ボディ真っ二つ”前屈の貫禄と“色香”
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
手越祐也「芸能活動休止」で「中村倫也に熱視線!」の理由
4
石橋貴明、「スポーツ王」視聴率1桁でピンチもあの業界に参戦で再ブレイクか?
5
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!