女子アナ

「車内」「軋む音」…フジ秋元優里の騒動で蘇るFカップ女優“伝説の不貞”

 年内最初の「文春砲」を放たれた形のフジテレビの秋元優里アナ。同局のプロデューサーと、おたがい結婚している身でありながら、竹林に停めた車内で不貞にふけっていたことが同誌に報道され、一部ネットでは彼女のことを「バンブー秋元」と呼ぶ者まで現れている。

 そんなネットユーザーの妄想をたくましくさせているのが、コトが行われていたとされる車のサスペンションの軋み。30分以上も揺れていたというから、その熱愛ぶりがうかがい知れる。

 そんな「車内不貞」「サスペンション」「30分」と聞いて、事情通が思い出してしまうのが、17年前の雛形あきこと、当時の年下マネージャーとの「不貞騒動」だ。

「彼女は当時、敏腕CMディレクターY氏と結婚し、長女を出産していたんですが、直後にマネージャーとのワンボックスでの不貞が写真誌に報じられたんです。秋元の相手であるプロデューサーは、運転席からそのまま後部座席に移動していたそうですが、このマネージャーも同じく車内を移動し、30分しけこんでいたといいます。しかもサスペンションもギシギシと…。推定Fカップと言われる彼女の豊かなバストが揺さぶられたと大いに話題になったんです」(芸能ライター)

 その後マネージャーは退社。雛形も2年後の2003年にY氏と離婚した。ちなみにそのY氏のプロフィールを見ると03年、突如、ヨーロッパアルプスの最高峰・モンブランに登っているが“傷心登山”だったのか。当の雛形はのちに同い年の俳優と再婚している。

 いずれにしてもホテルでも撮られ、自宅も張られ、車も追いかけられる──不貞疑惑ゆえ自業自得とはいえ、有名人が隠し事をするにはそれ相応の「覚悟」が必要なようだ。

(魚住新司)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる