スポーツ

糸井&柳田、球界2大“天然”選手の会話成立の鍵は「スーパーサイヤ人」!?

 グアムでの合同自主トレから帰国した柳田悠岐(ソフトバンク)が、共に練習をしていた糸井嘉男(阪神)の肉体に驚きの声を上げたことを日刊スポーツが報じた。

「また体が大きくなっていましたよ。同じ人間とは思えません。ちょっとハンパじゃないですね」

 そう興奮気味に話したというが、同時に公開された上半身裸でダッシュをする糸井の写真を見る限り、36歳という年齡からは考えられないような筋肉の盛り上がりであることは確か。

「糸井はかねてから漫画『ドラゴンボール』のファンで、主人公の孫悟空やベジータなどの人気キャラクターが戦闘の際に変身する『スーパーサイヤ人』が理想だと語っていました。一昨年まで所属していたオリックス時代に、球団がアニメ『ドラゴンボール超』とコラボした際の試合では、全打席で打点を上げる大活躍。昨年、阪神が同アニメとコラボした際には、原作者の鳥山明氏が直筆でイラスト化しました。髪が金色になって立ち上がる、念願のスーパーサイヤ人化を果たしています」(スポーツライター)

 しかし、柳田が「スーパーサイヤ人みたい」と例えなかったのは、こんな理由があったからかも知れない。実は、メジャーに挑戦する大谷翔平(エンゼルス)について、昨年、コメントを求められた際に「(大谷の出現は)スーパーサイヤ人が出てきたくらいの衝撃だった」と語っていたのだ。

「しかも、自分については『クリリンくらい』と、実力の違いを『ドラゴンボール』の登場キャラに例えるなど、作品のファンぶりが伺えます。今回の合同自主トレは、柳田から糸井にアプローチしたものですが、おたがい、コメントを求められると独特で不可思議なコメントをすることで有名。ファンからも『会話が成立しているのか?』と心配する声が出ているほどですが、意外に『ドラゴンボール』が“共通言語”になっていたのかも」(前出・スポーツライター)

 ファンの間では、かつて「Number」誌に掲載された2人の対談でのやりとりが語り草になっている。

糸井「おにぎり君もすごいよな」

柳田「おかわり君さん(ライオンズの中村剛也)のことですか?」

糸井「そうや、間違えた(笑)」

 ちなみに、糸井は昨年末のトークショーで、エンゼルス入りを決めた大谷について「でかいですね。あれくらい。あのビル角度。あそこから165キロが来る」と会場の目の前にあった21階建てのビルに例えたり、当時最速だった164キロをヒットにした際に、ストレートの印象を聞かれ「常に速い。底知れぬアレがある」と珍返答している。

 現地のグアムでは案外「糸井さん、スーパーサイヤ人みたいッスね」といった会話で盛り上がっていたのかも知れない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!