芸能

桂文枝、“不貞相手”が告発した新演芸場の命名巡るヤラセ疑惑の「小物感」!

 8年もの間、不貞関係にあったという女性からその「痴態ともいえる行状の数々」を昨年12月27日発売の「週刊新潮」で暴露告発された落語家・桂文枝。不貞相手の“口撃”はこれだけでは済まなかった。

 1月22日発売の「週刊現代」で、上方落語の殿堂として、今年7月神戸に開場する予定の「神戸新開地・喜楽館」の命名に関して、「文枝がヤラセを働いていた」と、不貞相手の女性が語っているのだ。

「記事によると、施設の名称が公募された際、空欄のある応募用紙とすでに文枝が書き込んだ応募用紙を渡されて『これと同じように書いて応募してくれ』と頼まれたのだそうです。自分で決めたい名称があるが、国や自治体がお金を出している以上、文枝の一存で決めるわけにはいかない。しかし、応募の中から決める際には文枝の影響力は大きい。そこで不貞相手の女性に応募を頼んだというんです。彼女によれば、文枝が自分にバラした“ヤラセの手口”を他に漏らさないように口止めするためなのか、後日、『名称決定者』として、その『神戸新開地・喜楽館』のこけら落とし公演のペアチケット、グルメセットなどが自分に届いたんだそうです。この一連の話が本当なら、まず、ヤラセはもちろんよくないけど、口止め料替わりにチケットなんて、せこい印象もするし、そもそものヤラセ行為にしたって、演芸場に自分の希望通りの名前をつけたいがためにそんな小細工をしていることとか、まぎれもなく関西芸能界の大物である文枝らしからぬ『小物感』が全体的にヒシヒシと伝わってきますね」(芸能ライター)

 告発が事実とすれば、上方落語協会の会長ともあろうお方が、何とも笑えない愚行に走ったものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
菅野美穂、「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」に続々不評の「イタいポイント」