芸能

桂文枝、“不貞相手”が告発した新演芸場の命名巡るヤラセ疑惑の「小物感」!

 8年もの間、不貞関係にあったという女性からその「痴態ともいえる行状の数々」を昨年12月27日発売の「週刊新潮」で暴露告発された落語家・桂文枝。不貞相手の“口撃”はこれだけでは済まなかった。

 1月22日発売の「週刊現代」で、上方落語の殿堂として、今年7月神戸に開場する予定の「神戸新開地・喜楽館」の命名に関して、「文枝がヤラセを働いていた」と、不貞相手の女性が語っているのだ。

「記事によると、施設の名称が公募された際、空欄のある応募用紙とすでに文枝が書き込んだ応募用紙を渡されて『これと同じように書いて応募してくれ』と頼まれたのだそうです。自分で決めたい名称があるが、国や自治体がお金を出している以上、文枝の一存で決めるわけにはいかない。しかし、応募の中から決める際には文枝の影響力は大きい。そこで不貞相手の女性に応募を頼んだというんです。彼女によれば、文枝が自分にバラした“ヤラセの手口”を他に漏らさないように口止めするためなのか、後日、『名称決定者』として、その『神戸新開地・喜楽館』のこけら落とし公演のペアチケット、グルメセットなどが自分に届いたんだそうです。この一連の話が本当なら、まず、ヤラセはもちろんよくないけど、口止め料替わりにチケットなんて、せこい印象もするし、そもそものヤラセ行為にしたって、演芸場に自分の希望通りの名前をつけたいがためにそんな小細工をしていることとか、まぎれもなく関西芸能界の大物である文枝らしからぬ『小物感』が全体的にヒシヒシと伝わってきますね」(芸能ライター)

 告発が事実とすれば、上方落語協会の会長ともあろうお方が、何とも笑えない愚行に走ったものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
2
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到
3
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
4
「新番組発表」とんねるず石橋貴明、TVレギュラーが消えたとしても困らぬ理由!
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃